Home » ダイエット方法集 » ダイエット関連情報 » お酒はダイエットにとって厳禁!…でもやっぱり飲みたーい

お酒はダイエットにとって厳禁!…でもやっぱり飲みたーい

 
食べ過ぎると太ると言われている炭水化物などの糖質や脂肪ですが、これらの栄養素は体にとって無くてはならない、摂らないと健康に被害を及ぼす大切な栄養素です。

 

けれどお酒、いわゆるアルコール類の摂取が不足しても体にはなんの支障もありません。それどころこか肝臓の負担が減って健康になるだけです。ダイエットにとってお酒は百害あって一利なしなのです。

 

とはいえ、普段からお酒を楽しみにしている人にとって、キッパリと止めるのは難しいもの、そこでこのページではダイエット中でも太りにくいお酒との付き合い方を紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

お酒の質を選ぶ

 

1.ビール

ビール好きな人はコーンスターチという添加物が入っていないものを選びましょう。コーンスターチとはトウモロコシから作られるでんぷん食品で体に吸収されやすい糖分ですので脂肪になりやすい食品といえます。

 

発泡酒や糖質オフなどのビールもどきにはほとんど入っているのでやめておきましょう。

 

コーンスターチの入っていないオススメのビールはエビスビールやプレミアムスーパーモルツ、海外のビールなどです。ビールを購入する際には成分表を見る習慣を。

 

2.ワイン

安いワインのほとんどには酸化防止剤が使われています。酸化防止剤に含まれる亜流塩酸という物質が健康に害をなすことで知られています。日本の食品添加物に関する規制のゆるさには驚かされますが、残念なことにこれが現状です。自分の身は自分で守りましょう。

 

オススメのワインはオーガニックワインです。無農薬で栽培され食品添加物の入っていないものを選びましょう。

 

3.日本酒

大吟醸よりも純米酒がオススメ。コンビニなどにあるワンカップとよばれる安い日本酒は避けるべき、添加物・不純物だらけなので健康に良くないし、悪酔いしてしまいます。

 

4.焼酎

焼酎は米よりも芋の方が糖質が少ないのでオススメです。

5.ウイスキー

とにかく安いものは避けるべき、理由は一緒で、不純物や添加物で味が作られているので健康に悪いし悪酔いの元です。

 

オススメは山崎や竹鶴などです。

 

安物には安い理由があります。安さだけで選ぶのはやめておいしく健康的に飲むことを考えましょう。

 

オススメのお酒を紹介しましたが、どんな良いお酒を飲んでも飲みすぎれば全てが害にしかなりません。節度を持って楽しく飲みましょう 。

 

 

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: ダイエット関連情報  タグ:   投稿日時: 2015年12月2日 at 11:15 PM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク