Home » ダイエット方法集 » 運動でダイエット » ウォーキングからジョギングへのステップアップ方法

ウォーキングからジョギングへのステップアップ方法

 

ダイエットにウォーキングを取り入れて、しばらくすると物足りなくなってくる時がやってきます。あなたは今こういう状況ではないですか?

  • ウォーキングを始めた頃のように汗をかかなくなった
  • 全然息切れしなくなった
  • 目標の心拍数まで上がらなくなった
  • 体重が落ちなくなった

こういったお悩みをお持ちのあなた、おめでとうございます!次のステップへの準備がととのいました!

 

 

スポンサーリンク



 

ウォーキングの負荷に体が慣れた頃には運動を始めた頃より体重も減っていることでしょう!

 

仮に体重に変動がなかったとしても安心してください!あなたの体は確実に痩せやすい体になっています。歩くだけでは体重が落ちなくなったからといって、せっかく続けてきた運動をやめるのは非常にもったいないことです。

 

そこで、ダイエットや健康のために次の段階へステップアップしていきましょう。そう、その方法はジョギングです。

ジョギング,楽に走る,ダイエット,やり方,ウォーキング

ジョギングと聞くとほとんどの人がイヤがる運動ですが、要はやり方です。苦しい思いをして走れば当然やる気は続きません。逆に楽に続けられるとしたらどうでしょう。

 

このページではウォーキングからジョギングへステップアップをお考えの人に、苦しくなく、安全にジョギングがスタートできるようになる方法を紹介します。

 

ウォーキングよりゆっくり走っても消費カロリーは高い!

まずは、ジョギングがどれだけダイエットに対して効果があるのか知っておいたほうが良いでしょう。ジョギングどんなにゆっくり走っても普通の早歩きより約1.6倍のカロリーを消費します。同じ時間を費やすとしたら断然ジョギングのほうが効率が良いということです。

 

ジョギング初心者が楽に走るための方法

1. 背筋を伸ばす

  • 背筋を伸ばし腕を振ってリズミカルに走れば自然と走るフォームが良くなります。
  • 猫背にならないように注意しましょう。

2. やや前傾姿勢

  • 足を前に出すことは考えずに(足首や膝に負担がかかります)
  • やや前傾姿勢になるだけで自然に足が進むようになります。
  • 内股や外股にならないように。
  • 左右の足を平行に運ぶように意識する。

3. 足は蹴らずに押すだけ

  • 足を蹴り上げると、足首や膝に負担がかかるだけではなく、ふくらはぎの筋肉ばかりを使ってしまい早く疲れやすくなります。
  • 足裏全体で地面を押すような感覚で(太ももやお尻の筋肉に負荷がかかる感覚になればベスト)
  • 歩くぐらいのスピードでゆっくりと
  • コツは歩幅を小さく、足音が小さくなるように意識して。

4. ニコニコとおしゃべりできるペースで走る、キツイと感じたら歩く

  • 体脂肪を燃焼させるにはゆっくり走ったほうが効率的。
  • 速く走ろうとしたらそれだけで息切れしてギブアップしてしまいます。
  • 長く走ることを意識しましょう

5. 一日30分を目標に

  • 30分以上連続して走るのが一番望ましいのですが忙しければ分割して走ってみる
  • 例えば朝おきて10分、昼食時に10分、帰宅してから10分という感じで
  • ちょっと空いた時間に走るようにする。

 

  ※ヒザに炎症のある方は痛みが出るようなら行わないこと

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: 運動でダイエット  タグ:   投稿日時: 2015年11月19日 at 9:53 PM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク