Home » ダイエット方法集 » 運動でダイエット » ジョギングを習慣化させてダイエットするには?

ジョギングを習慣化させてダイエットするには?

 

ジョギングで痩せるためには一週間のうち最低でも3回程度は走る必要があると言われていますます。

 

「そんなに走れる自信はないなぁ」という人、安心してください!

 

本当に重要なのは誰かに決められた回数をこなすことではなく、自分自身が習慣化できるかどうかです。

 

例えば1回のジョギングで10km走れたとしても、その頻度がつき1〜2回だけだとしたら痩せることはできません。しかし、普段運動習慣のない人が1日10分でだけでも毎日走れるようになれば確実に痩せることができます。

 

走ることを特別なことと考えずに「習慣 」にすることが痩せる秘訣です。自分自身が無理なく習慣にできる回数を生活に組み入れましょう。

 
 
スポンサーリンク



  

ジョギングを習慣化させるには?

 

普段会社勤めをされている人がジョギングを習慣化させるとなれば、走る時間帯は出勤前か、退社後となります。どの時間帯で走るのがベストかというと、自分自信が習慣化させやすい時間となりますが、オススメは朝の出勤前です。

 

朝の朝食前の体はお腹が空っぽの状態なので、脂肪を燃焼させて走るためのエネルギーを作り出すため、痩せるのに良い時間帯といえます。また、1日の始まりの朝に運動することで、代謝がトップギアでスタートすることから脂肪燃焼効果が一日中続き、さらに1日中エネルギッシュに活動することができるのです。

 

「朝走るなんて絶対ムリ!」と決めつけずにまずは何日間か試してみましょう。

 

1.起床後・帰宅後

朝は出勤時間が決まっているので逆算して走る時間を決めてしまえば、毎日の生活に組み込みやすくなります。

 

帰宅後すぐに走りに行くのもオススメです。家に着いたら座ったりせずにすぐに着替えて15〜30分走るようにします。いつものテレビを見る時間や、ぼーっとしている時間を削る程度でできるため、継続ができます。

 

2.ランチタイム

シャワー施設のあるジムなどが近くにある人にオススメなのがこのパターン。お昼休みにランニングマシーンで30分ほど走り、サッとシャワーを浴び昼ごはんはおにぎりなどで軽くすませるようにして仕事に戻るといったパターンです。

 

「昼ごはんをしっかり食べないと夕方までもたない」と考えると思いますが、かえって昼ごはんを抜いたほうが、午後からの仕事で、眠たくならず集中力が増します!一度昼ごはん抜きを試してみてください。

 

 

 

 

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: 運動でダイエット  タグ:   投稿日時: 2015年11月18日 at 9:55 PM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク