Home » ダイエット方法集 » ダイエット関連情報 » 間食を上手に摂って痩せる空腹知らずのダイエット方法

間食を上手に摂って痩せる空腹知らずのダイエット方法

 
ダイエット中に間食は止めた方が良いのは常識ですが、逆に食べた方がよい場合もあります。

a0002_010197

 

空腹時に食べたものはモロに体に吸収されます。

 

例えばチョコレート等の甘いお菓子を食べた場合だと、しっかりと脂肪として蓄えられます。ラーメンなどの脂や炭水化物が大量に含まれている食品も同じように太りやすい状況になってしまいます。

 

そんなとき、おやつなどの間食として食べておくことで、空腹も満たされ、さらにその後に食べるものの急激な吸収を抑えてくれて、結果的にダイエットにつながる食品があります。

 
 

スポンサーリンク



 

太らない間食ベスト3

 

空腹時の間食として甘いお菓子などをたべると、血糖値が急上昇し一瞬空腹が満たされますが、すぐに急下降します。このときに人は強烈な空腹感を感じるのです。そうなるとまた何か食べたくなり食欲が加速的に増えていきます。

 

つまり、太らない間食の摂り方とは、血糖値を急激に上げない食品を摂るということです。オススメはコチラの3つ。

1.ドライフルーツ

dry-fruits_2606655

ドライフルーツの種類は何でもOKですが、必ず砂糖や漂白剤を使用していないものを選びましょう。ダイエットという観点から選ぶ一番のお勧めドライフルーツはいちじくです。

 

いちじくはペクチンと呼ばれる食物繊維が豊富に含まれていて、整腸作用や便秘予防とお腹の調子を助ける効果が非常に大きいです。

 

そしてミネラル、カルシウム、リン、カリウム、鉄分などの栄養分が豊富に含まれていて、健康面でも素晴らしい食品です。

 

さらに、豊富な食物繊維が血糖値の上昇を抑えてくれるで空腹感の解消効果も抜群です。

 

2.ナッツ類

dry-fruits_2606654

ナッツ類には、たんぱく質や食物繊維が多く含まれていて、血糖値の上昇が少ない食品です。ビタミン、ミネラルも含まれていることから、代謝アップの効果も期待できます。

 

お勧めのナッツはアーモンドです。アーモンドにはビタミンEが豊富に含まれており、血中のコレステロールを除去する効果があり、血液をサラサラにしてくれますのでメタボリック解消に効果があります。

 

3.ハチミツ

ハチミツは砂糖よりもカロリーが低く、ミネラルや、ビタミンCなどの栄養も豊富で、血糖値の上昇も緩やかですので太りにくい甘味量といえます。

 

甘いものが欲しいなと思った時にスプーン2杯ほどハチミツをなめてみてください。

 

 

以上のように空腹時に食べる食事に気を付けるだけでも十分なダイエット効果が得られます。また、食事の前に野菜を食べることでも同じように血糖値の急上昇を抑えることが出来るのでお勧めの方法です。

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: ダイエット関連情報  タグ:   投稿日時: 2015年3月21日 at 5:52 PM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク