Home » ダイエット方法集 » ダイエット関連情報 » 飲みすぎない飲酒のコツをつかんでダイエット

飲みすぎない飲酒のコツをつかんでダイエット

 

アルコール,飲み過ぎ,防止,ダイエット,方法

「アルコールはエンプティーカロリーだから太らないんでしょ?」という言葉をよく聞きますが、これは間違いです。

 

エンプティーカロリーは直訳すると空っぽのカロリーという意味ですが、体に蓄積されないカロリーという意味ではありません!アルコールも余分に取れば十分太ります。

 

アルコールは飲んでもすぐにエネルギー消費されやすいという性質はあります。しかし、アルコールが消費されている間は食べ物の消費・代謝が待たされるという状態になります。

 

その結果、後回しにされた食べ物のカロリーがドンドン脂肪となって体に溜め込まれるということになります。

 

また、甘いお酒やビールには糖質(炭水化物)が多く含まれています。甘いものを食べると太るように、糖質は脂肪として体につきやすい栄養素です。

 

これらの酒による体重増加を防ぐためには、飲みすぎを抑える必要があります。そこでこのページでは、酒の席での飲み過ぎ防止のコツをお伝えします。
 
 

スポンサーリンク



 

 

アルコール選び方のコツ

 

とりあえずビール,一杯,チャンポン,飲み過ぎ,防止

「とりあえずビールで乾杯!」まではOKですが、その後ビールばかりを飲み続けるのはダイエット的に良くありません。

 

ビールには糖質が多く含まれていてアルコールとは別に肥満の大きな原因になります。ビールは1杯までと決めましょう!

 

ダイエット中の人にオススメのお酒は焼酎やウイスキーなどの「蒸留酒」です。逆に避けたいお酒は、糖質を多く含む日本酒やビール等の「醸造酒」

 

  • 太りにくい酒【蒸留酒】・・・泡盛、焼酎、ウイスキー、ウォッカ、ジン、テキーラ、ブランデー、ラム酒など
  • 太りやすいお酒【醸造酒】・・・日本酒、ビール、ワイン、紹興酒、マッコリ、砂糖の入った蒸留酒

 

「チャンポン飲み」はやめよう!

 

たくさんの種類の酒を飲むいわゆる「チャンポン」は、飲み過ぎの原因になるので止めましょう。チャンポンをすると、酒の味が変わるたびに味覚がリセットされます。

 

このときに「酔い」もリセットされたような気分になり、大量に飲めてしまうのです。これはもちろん勘違いですので、飲みすぎて泥酔してしまうことになります。

 

同じ味の酒だけを飲み続ければ飽きてきますし、自分自身の酔っ払い具合も自覚できて、泥酔する前に切り上げることが安易になります。

 

水分を摂るタイミングが大事!

 

「喉が渇いている時のビールが1番うまい!」という気持ちはわかりますが、飲み過ぎ防止という観点からはやめたほうがいい習慣です。

 

コーヒー,ダイエット,飲み過ぎ防止,飲酒前,脂肪

アルコールを飲み過ぎないためには、飲酒前の水分摂取が大切です。一番ベストな水分は「コーヒー」です。

 

コーヒーは肝臓の昨日を高めて脂肪肝になるのを防いでくれます。また、中性脂肪を減らす作用もあることから、飲酒前に飲む水分として適しています。

 

酒の量を減らす工夫として「炭酸水」を合間に飲むと飲み過ぎ防止になります。

 

水でもいいのですが、水だとすぐに飽きてしまいます。炭酸水はお酒を飲んでいるような気分で飲むことができるので、大量に飲むことができ、アルコールの飲み過ぎ防止に役立ちます。

 

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: ダイエット関連情報  タグ:   投稿日時: 2015年2月7日 at 6:47 PM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク