Home » ダイエット方法集 » 食事方法でダイエット » 食事時間を20分以上かければ痩せる

食事時間を20分以上かければ痩せる

 

カロリー計算,食事制限

痩せるために食事のカロリーを計算して食べたり、炭水化物をカットしたりと、食事を制限するダイエット方法は沢山あります。

 
 
これらの方法はもちろんしっかりとした効果がありますが、続けるのが大変な面もあります。
 
 

食品のカロリーを調べたり、食べる量を計ったりするのは、性格的に合わない人もいらっしゃいます。ラーメンやパン、ご飯などの炭水化物を抜くなんてとんでもない!と思われる方もいるでしょう。

 
 
そんな方にオススメするダイエット方法は

 
 
スポンサーリンク



 
 

毎日の食事を腹八分目に抑えて食べるということです

 

「そんな簡単なことで痩せるはずはない」と思う方もいらっしゃるでしょうが、考えてみてください。

満腹,食べ過ぎ,腹八分目,ダイエット,やり方

 
太っているあなたはきっと、一日のうちに何回かはお腹いっぱい食べているはずです。中には知らず知らずのうちに3食食べ過ぎているかもしれません。毎日の習慣ですから、自分では気づかないこともあります。

 

腹八分目とは食事を終えた直後に「もう少し食べたいな」と感じるくらいです

 

「ちょっと苦しいな」とか、「体をうごかすのがはちょっとキツイな」と感じるまで食べるのは明らかに食べ過ぎです。

 

「もう少し食べたいな」で食事をやめても、しばらく時間が経てばちょうどいい満腹感になります。この満腹になる時間というのがこのページのタイトルにもある『20分』という時間です。

 

脳が満腹感を感じるのは食べ始めてから20分後

 

このダイエットのやり方は簡単です。

よく噛む,咀嚼,ダイエット,痩せる,効果

  1. ちょっと足りないかなと感じるくらいの食事の量を準備して、
  2. 最低20分かけて食べるようにします。
  3. 20分かけるためには噛みごたえのある食品、食物繊維が豊富な野菜がベストです
  4. 一口30回以上、食べたものの形が完全になくなるまで噛みましょう。

よく噛んで食べることで脳の満腹中枢が刺激され満腹感が高まり食欲を抑えてくれます。さらに、よく噛むことで交感神経を刺激して直接内臓脂肪の分解を促進させる効果もあります

 

この方法を毎日、毎食実践するようにすれば、確実に痩せることができます!また、この方法はすべてのダイエット方法と併用できるので、早く体重を落としたいという方にもオススメの方法です。

 

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: 食事方法でダイエット  タグ:   投稿日時: 2015年2月4日 at 11:45 PM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク