Home » ダイエット方法集 » ダイエット関連情報 » 飲酒の後のシメのラーメンがやめられないのはナゼ?そしてその対策方法は?

飲酒の後のシメのラーメンがやめられないのはナゼ?そしてその対策方法は?

 
酒やビールなどのアルコールをたくさん飲んで、おつまみもお腹いっぱい食べた後なのに、なぜかお腹がへってラーメンやうどんなどの麺類が食べたくなることってありませんか?

ラーメン,飲み会,ダイエット,やめられない,対策方法

 

 

夜中の高カロリー炭水化物食品、ダイエット中の人にとっては絶対にやめたい習慣ですよね。

 

 

たらふく飲み食いした後なのに、なぜお腹が空いてしまうのでしょうか?

 
 

スポンサーリンク



 
 

飲酒のあとに麺類が食べたくなる体のメカニズム

 

1.アルコールが食欲を増進させる

1つ目の理由はアルコールが胃を刺激して食欲を増進させる作用を持つからです。

 

アルコールで刺激されると胃液の分泌量が増えて消化も促進されるので飲めば飲むほど食欲が高まるという現象が起こります。

 

特に炭酸入りのアルコール(ビール、カクテル、サワー等)の食欲増進効果は絶大ですので注意が必要です。

 

2.アルコールが脳を麻痺させる

アルコールは脳の満腹中枢を麻痺させていくらでも食べることが出来る状態にしてしまいます。

 

普通は食事をすると血糖値が上がり満腹中枢が刺激され、満腹感が生まれますが、たくさんアルコールを摂取すると、この機能が麻痺してしまい脳が低血糖だと勘違いを起こします。

 

そのため炭水化物をどんどん欲するようになるのです。

 

3.アルコールを処理するために糖質を消費する

体内でアルコールを処理する際に糖質が使われます。これが飲んだ後に麺類などの炭水化物が欲しくなる理由です。

 

特にビールをたくさん飲むと体内でカリウムが消費され、運動後のように体が塩分を欲しがります。このためラーメンがより一層おいしく感じられるという理由です。

 

飲酒後の食欲を刺激しないための対策方法は?

 

基本的には普段のダイエット中の食事の感覚と同じです。低カロリー高たんぱくのおつまみを食べることが第一です。

 

お酒の種類ごとの対策方法

  • 日本酒には薄味のおつまみ
  • ワインにはチーズ
  • ビールには枝豆
  • 甘いカクテルに、塩味のおつまみを合わせると食欲を刺激して食べ過ぎの原因になるので、逆に甘いチョコレートなどと一緒に飲むことで食欲の刺激を抑えてくれます。

 

このような、食欲を刺激しにくい味の組み合わせをすると、飲酒後も無駄な食欲が湧くことを抑えてくれます。

 

最後に、アルコールは適量飲むことが大切です。どんな対策を練っても、べろんべろんになるまで酔っぱらってしまっては、どうしようもありません。

 

 

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: ダイエット関連情報  タグ:   投稿日時: 2015年1月18日 at 2:52 PM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク