Home » ダイエット方法集 » 呼吸法でダイエット » ロングブレスダイエット、呼吸法で体幹を鍛えて痩せる

ロングブレスダイエット、呼吸法で体幹を鍛えて痩せる

 

ロングブレスダイエットとは俳優の美木良介さんが開発したダイエット方法です。

 

 

ゆっくりと長い呼吸を繰り返すことによって、内蔵を囲んでいるインナーマッスルを鍛えつつ、代謝の良い体を作りウエストのシェイプアップとダイエットをするというものです。

 

 

トレーニングをして筋肉量が増えると基礎代謝値があがり、ダイエットをしてもリバウンドの心配もなく冷えや便秘、肩こりにも効果があります。

 

 

スポンサーリンク



 

ロングブレスダイエットの効果、メリット

 

1.普段使っていない筋肉が覚醒する

インナーマッスルと呼ばれる普段の生活では鍛えることの難しい筋肉を鍛えることによって、血液の循環が良くなり代謝も上がるので、痩せやすい体になります。

2.腰痛を改善する

このロングブレスは元々腰痛を改善するためにあみだされた方法で、インナーマッスルを鍛えて姿勢をを良くすることで腰痛が改善されるということです。  

ロングブレスダイエット,腰痛改善,インナーマッスル,体幹,痩せる

3.器具もいらない時間もかからない

器具を使わないので経済的です。やるべきことは呼吸をすることだけなので体一つでできます。

 

エクササイズにかかる時間は一回あたり1分なので、仕事の休憩時間や家事の合間などちょっとした時間を使ってできます。

 

ロングブレスダイエットのやり方

 

一回10秒を6セット 1分間行います。それを2種類。合計で2分。 これを朝夜2回行います。

1.基本のロングブレス

  1. 足を前後にずらして、おしりに力をいれる。(えくぼをつくる。)
  2. 後ろ足を曲げ、重心を後ろに掛けて前足から頭まで一直線になるような体制をとる
  3. 3秒で鼻から息を吸い、腕を回して力を入れ、7秒かけて口から出す。このときに息が聞こえるくらいの強さで吐き出す。
  4. 7秒のうち、前半3秒で息を吐ききり、残り4秒はお腹が震えるくらいの状態をキープする。
  5. 10秒で1セットを6セット、計一分間行う

2.腰痛を改善させるロングブレス

  1. かかとをつけて、つま先を45度に開き、お尻に力をいれる
  2. 両腕をあげる(バンザイの姿勢)腰を反らないように腰骨と肋骨の間をのばす。
  3. 3秒で鼻から息を吸い10秒で口から強く息を吐く

 

注意する点

 

いくら効果があるエクササイズだからといっても、ダイエット前と同じような食事をしていては体重は減りません。ダイエットの基本は食事ですので、バランスの良い食品を食べ過ぎないように心がけて摂るようにしましょう。  

 

他の運動、特に有酸素運動とあわせてやると痩せる効果がアップします。

 

どんなダイエットも継続することが成功への近道です。最低1ヶ月は続けましょう。 お金も時間もかからない方法ですのでいつでも気軽にできます。

 

 

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: 呼吸法でダイエット  タグ:   投稿日時: 2013年3月7日 at 11:24 AM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク