空腹感を消す方法

 
空腹,消す,方法,ダイエット,食べ過ぎ防止

食事の時間じゃないのにお腹が空いてしまった。そんなとき間食をせずに空腹をやり過ごすことができれば、お腹についた脂肪へのカウンターパンチを食らわせることができます!

 

 

お腹が「ぐー」っとなったその音こそが脂肪が今まさに燃焼しているという合図なのです!

 

 

そんな、せっかくの痩せるチャンスをおやつなどの間食を摂って台無しにしないように、このページでは空腹を紛らわせる方法を紹介します。断食ダイエットをしている方にも役立つ情報です。

 
 

スポンサーリンク



 

1.歩く(ウォーキング)

空腹を消す方法として、すぐに出来て効果が現れるのがウォーキングです。

青汁,有酸素運動,ダイエット,栄養,食物繊維

 

お腹ペコペコの状態の時、例えば夕方の仕事帰りなどに30分程度でいいので歩いてみてください。

 

空腹が、スーっと消えるのがわかります!

 

これは運動によって脂肪が分解され、脂肪細胞から糖質として血液中にカロリーが供給され、体内に蓄えられたカロリーを血液中に補給した結果、一時的に空腹感が消失するという作用のためです。

 

お腹ペコペコの状態で夕飯を食べ始めるよりも、少し歩いて空腹感を消した後に食べるほうが、食事の量も少量で満足できます。

 

2.その場ダッシュ

ウォーキングよりももっと手軽に短時間で空腹を消す方法が「その場ダッシュ」です。

 

空腹感は血糖値が下がることで起きます。

 

空腹を感じている時に、興奮したりストレスがかかると、アドレナリンが分泌されて肝臓に貯めていた糖を使って血糖値を上げます。すると脳は、十分に栄養があると勘違いして空腹感が消えるのです。

 

では、アドレナリンをすぐに出すにはどうればよいか?

 

アドレナリンを早く簡単に出す方法それは、「その場ダッシュ20回」(約10秒間)です。 運動をすることでアドレナリンが出て血糖値が上昇して、空腹感を消してくれます。

 

その場ダッシュのやり方はその名のとおり、前に走り出すのではなく同じ場所で足踏みをするようにダッシュをします。

 

この方法で約1時間~5時間ぐらい空腹を先送りすることができます。 「その場ダッシュ」を利用して、小腹がすいた時の間食などを回避しましょう。

 

3.梅干しのお湯割りを飲む

梅干しの塩味が、スープを飲んでいるような感じで、食欲を満たしてくれます。

 

また、梅干しには血糖値を下げる効果もあるので食前や食事中に飲むことで、食べたものが脂肪として体につきにくくなったり、腹持ちをよくしてくれる効果もあるので、ダイエット中の人にとって優れた飲み物と言えます。

 

4.香水を嗅ぐ

 

ダイエット中、いくら我慢をしていても街中ではあちらこちらから食べ物のいい匂いが漂ってきます。 すると匂いに釣られてお腹がグ~っと鳴り、ついフラフラ~っと間食をしてしまうことありますよね。

 

そんなとき香水の強い匂いを嗅ぐと外からの匂いを打ち消してくれます。 それだけではなく香水自体にも食欲を抑える効果があるようです。

 

自分の好みの香水を利用してもいいのですが、香りのなかでも更に食欲を抑えるといわれている香りが「キンモクセイの香り」と「グレープフルーツの香り」です。

 

香水で食べ物の匂いをブロックして、間食の誘惑を遠ざけましょう。

 

キンモクセイの香りの香水

グレープフルーツの香りの香水
 

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: ダイエット関連情報  タグ:   投稿日時: 2014年12月4日 at 12:39 AM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク