Home » ダイエット方法集 » 食事方法でダイエット » 脂質を減らして摂取カロリーをカットする4つのコツ

脂質を減らして摂取カロリーをカットする4つのコツ

 

体重を減らして痩せるためにすることは、ただ1つしかありません。それは。

 

 

摂取カロリーより、消費カロリーを増やすということです

 

 

どんなに激しい運動をしても、どんなに体に良いものを食べても、どんなに高額なサプリメントを飲んだとしても、

 

摂取カロリー(食べたもの)より消費カロリー(運動・活動量)が上回らなければ絶対に痩せることはできないのです。

 

そこで、消費カロリーを上げるために運動量を増やすという方法も、もちろん効果的ですが、運動で痩せるためには、よっぽど運動好きな人でない限り苦痛と感じてしまうのではないでしょうか?

ダイエット,運動,継続,消費カロリー,摂取カロリー

 

ダイエットするためには継続することが一番の成功ポイントですので、毎日苦しい思いをするのは大変ですし長続きが難しく失敗の原因になります。

 

といっても食事だけで痩せましょういうことではありませんよ、苦しくない程度の運動は毎日続けるべきです。

 

そこでこのページでは苦しまずに毎日続けられる方法として、いつもの食事から脂肪(脂質)をカットして、摂取カロリーを減らす方法を紹介していきます。

 

食事は毎日必ずするものですから、その中からちょっとづつでもカロリーを減らす工夫をしていけば必ずダイエットにつながります。

 
 
スポンサーリンク



 
 

脂肪(脂質)をカットして1日の摂取カロリーを減らしたほうがよい理由

 

 

脂肪というとダイエットしている人からすると悪者のように聞こえてしまいますが、全くそんなことはなく人間にとって必要な三大栄養素と呼ばれており、たんぱく質、炭水化物と並んで生きていく上で体にとって必要不可欠なものです。

 

ただ!摂りすぎることで体に悪影響を及ぼします。代表的な悪影響として肥満が挙げられますし、高血圧や心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。

 

じゃあどれぐらい取ればいいのか?と深く考える必要はありません。ふつうの食事をしていればいやでも脂質は摂取できます。

 

摂りすぎるといけないのは、なにも脂質だけではなく、炭水化物もたんぱく質も同じように食べ過ぎると悪いことが起きます。ではなぜ脂質を減らしたほうが良いのかというと、上にあげた三大栄養素の内、カロリーが一番高いのが脂質なのです。

 

  • たんぱく質1g=4kcal
  • 炭水化物1g=4kcal
  • 脂質1g=9kcal

このように脂質は他の栄養素と比べて2倍以上のカロリーがあるので、同じ量へらすとしても少量で摂取カロリー落とすことができるのです。

 

脂質をカットするための4つのコツ

 

脂質を減らすための、1番わかりやすいのはお肉の調理方法です。例えば100gの生の豚肉で比べてみると

脂質カット,ダイエット,肉,ダイエット,やり方,

  1. 生肉 180kcal
  2. 網焼きにすると 132kcal
  3. 茹でると139kcal
  4. フライパンで焼くと170kcal
  5. 油で揚げると236kcal

というふうに、調理法だけで約2倍の摂取カロリーの差がついてしまいます。上記のことは感覚的にも分かりやすいと思うので、いろいろな料理に応用していきましょう。

 

コツその1、脂質の代謝を促す食材を使う

 

ビタミンB2を多く含む食材は、脂質のエネルギー代謝を助けてくれます。毎日の食事に積極的に取り入れていきましょう。

 

オススメは、

  • カレイ
  • 納豆
  • レバー
  • 玄米

 

コツその2、食物繊維を多くとって脂質の吸収を抑える

 

現在の日本の一般的な食事に不足していると言われているのが食物繊維です。

 

食物繊維は脂肪の余分なコレステロールの吸収を抑え排泄を促すという効果があります。

 

それだけではなく便秘の改善や、痩せるホルモンと呼ばれるGLP−1の分泌を促すとされ、ダイエットして体重を落としたい人にとって必要不可欠なものです。

 

オススメの食物繊維豊富な食材

  • ゆでいんげん豆

    食物繊維,ダイエット,効果,インゲン豆,便秘解消

  • セロリ
  • おから
  • アボカド
  • ゆで大豆
  • 納豆

 

コツその3、主食はパンよりご飯で脂質カット

 

パンもご飯も同じ炭水化物ですが、一見脂肪とは関係ないと思われる食パンやクロワッサンなどにはたくさんの脂肪類が含まれています。菓子パンに至っては言うまでもないですね。

 

また、ご飯の方が腹持ちもよいことから、間食を防止する効果もあります。主食にするならパンよりもご飯を選択しましょう。

 

コツその4、調味料にも要注意

 

摂取カロリーを抑えると考えたときに、食材にばかり目が行ってしまいますが、調味料にも注意が必要です。

 

例えばサラダのドレッシング、ダイエットのためにとせっかくヘルシーなサラダを食べていても、ドレッシングに大量の油が使われていてはもったいないですね。市販のドレッシングを使う際は、ノンオイルを選ぶのがベストです。

 

バターやマヨネーズはほとんど油といってもいいぐらいです。意外なところではカレーのルーにも多くの脂質が含まれています。

 

 

以上、4つのコツを活用して、美味しく食べて、楽しくダイエットしましょう。

 

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: 食事方法でダイエット  タグ:   投稿日時: 2014年11月22日 at 12:01 PM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク