Home » ダイエット方法集 » スロージョギングで痩せる!疲れ知らずでダイエット効果抜群!

スロージョギングで痩せる!疲れ知らずでダイエット効果抜群!

 

スロージョギング,脂肪燃焼,ダイエット,痩せ,有酸素運動体脂肪を燃やして痩せるためには、やっぱりダイエットの代名詞ともいえるジョギングが一番効果的です!

 

でも...
 

「キツくて続けられない」  
 
 
「体力がないからムリ」  
 
 
「ジョギングがダイエットに効果があるのはわかるけど、大変そう」  

 

と、思う人がほとんどだと思います。 でも体力がなくてもラク~♪に長く走る方法があるんです。

 

楽に走る方法それは…

 
 

スポンサーリンク



 
 

スロージョギングという走法です

 

この走法の最大のポイントは無理なくラクにできるいうことです。 ラクに走るために歩くぐらいスピード(40代の場合時速4~5km以下)で走ります。

 

「だったらウォーキングでいいじゃないか!」という声が聞こえてきそうですが、ウォーキングと消費エネルギーを比較したところ スロージョギングのほうが1.6倍も多いという結果が出ています。

 

同じ時間を費やすのであればジョギングの方が高いダイエット効果が得られるということです。

 

スロージョギングで痩せるワケ

◎疲れないので長く走れて脂肪燃焼効果が高い

スロージョギングがなぜ疲れないのかというと、「速筋」を使わないからです。筋肉には「速筋」と「遅筋」があります。「速筋」はダッシュなどの素早く体を動かすときに使われる筋肉ですが、持久力はなくすぐに疲れてしまいます。

 

そして「遅筋」は持久力に優れていて、疲れにくい筋肉です。   スロージョギングは、ゆっくりと歩く速さで走ることによって「遅筋」だけを使います。そのため疲れにくく長く走ることができるのです。

◎消費カロリーはウォーキングの1.6倍

歩く速さならウォーキングでもいいと思うかもしれませんがスロージョギングの消費カロリーはウォーキングの1.6倍もあります。なので同じ距離で同じ時間をかけるのであれば、断然スロージョギングの方がお得です。

 

スロージョギングの消費カロリーは体重60kg男性が60分走った場合360kcalです。距離(km)×体重(kg)で計算します。

 

スロージョギングの走り方のポイント

 

1. 背筋を伸ばす

  • 背筋を伸ばし腕を振ってリズミカルに走れば自然と走るフォームが良くなります。
  • 猫背にならないように注意しましょう。

2. やや前傾姿勢

  • 足を前に出すことは考えずに
  • やや前傾姿勢になるだけで自然に足が進むようになります。
  • 内股や外股にならないように。
  • 左右の足を平行に運ぶように意識する。

3. 足は蹴らずに押すだけ

  • 足を蹴り上げると、速筋を使ってしまい、疲れの原因になります。
  • 足裏全体で地面を押すような感覚で。
  • 歩くぐらいのスピードでゆっくりと
  • コツは歩幅を小さく、足音が小さくなるように意識して。

4. ニコニコとおしゃべりできるペースで走る、キツイと感じたら歩く

  • 体脂肪を燃焼させるにはゆっくり走ったほうが効率的。
  • 速く走ろうとしたらそれだけで息切れしてギブアップしてしまいます。
  • 心拍数が一分間に120程度の運動が一番効率よく脂肪を燃焼させます。(心拍数計などを利用すると便利です)

関連記事⇒心拍数を計って効率よくダイエット、脂肪燃焼に効果的な心拍数は?

5. 一日30分を目標に

  • 30分以上連続して走るのが一番望ましいのですが忙しければ分割して走ってみる
  • 例えば朝おきて10分、昼食時に10分、帰宅してから10分という感じで
  • ちょっと空いた時間に走るようにする。

 

  ※ヒザに炎症のある方は痛みが出るようなら行わないこと

 

スロージョギング、ゆっくりと走るポイント【動画】

 

スロージョギングでこんな効果が得られる

 

1. 痩せる!カッコイイ体になる。

6113418033_9e0b6c6c57_b

  

 
 
2. 効率よく糖や脂肪が消費され様々な生活習慣病が改善される  
 
 
3. 脳が大きくなり判断力がアップする、悩みが解決する、怒らなくなる、決断力が付く  
 
 
4. 熟睡できる  
 
 
5. ごはんが美味しくなる。食べ過ぎはいけませんけど…

 

継続し続けるコツ

 

1.自分のペースで走る

ダイエットが長続きしないのはどこかで無理をしているからかも、「早くやせなければ」と、頑張りすぎその割にはあまり効果が現れず、気持ちが折れてしまう人はたくさんいます。他の人のペースは気にせず自分で続けられるペースで走りましょう。

2.とにかく走ってみるスロージョギング,脂肪燃焼,ダイエット,痩せ,景色

毎日走れなくても気にする必要はありません。
最初は週に一回でも大丈夫。自分ができる時間に自分のペースで走りましょう。 ”千里の道も一歩から”です。

3.楽しんで走る

ダイエットが目的で走り始めたとしても、ジョギングには痩せること以外にも、上記のような様々な効果があります。

 

このことを念頭においておけば、たとえ体重が減らない状態が長く続いたとしても挫折することなく長く続けるモチベーションアップになります。

4.景色のいいランニングコースを選ぶ

走ることに喜びを見出すためには走る場所に工夫をこらせてみるのもいいでしょう。緑の中で森林浴しながら走ったり、景色の中に季節の移ろいを感じながら走れば走ることがドンドン楽しくなっていきます。

 

スロージョギングを実践してみての感想と効果

 

ダイエットのために、あるていどの食事制限をして、運動としてウォーキングを続けていたのですが、半年ほど経過すると体重の減り幅が小さくなってきました。

 

そこで次のステップへ移行するために、ジョギングを取り入れることにしました。初めのうちはウォーキングの途中でちょっと走ってみたりしたのですが、5分も走り続けることができない状態でした。

 

「なんなんだこのキツさは!こんなんできるわけないよ」と思ったのですが、歩く速さでゆっくり走るようにしたところ、なんと最初すぐに15分ぐらいつづけてはしることが出来ました。

 

歩く速さといってもやはり強度はジョギングのほうが上で、最初は息切れや汗の量が倍以上でましたが、ウォーキングをしながら走り、疲れたらまた歩く、という方法で一ヶ月ほど続けた結果、一時間は平気で走り続けることが出来るようになりました。

 

息切れしない程度の速度ですが、汗の量はウォーキングとくらべて大量に出るので、カロリー消費してるなーという実感は強いです。ウォーキングで停滞していた、体重も減り始めました。スロージョギングは効果の高いダイエット方法だと感じました。

 

室内で時間や天気を気にせず走れるルームランナーもおすすめです。

トレッドミル

 

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: ダイエット方法集, 運動でダイエット  タグ:   投稿日時: 2012年12月6日 at 10:38 AM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク