Home » ダイエット方法集 » ダイエット関連情報 » お風呂とダイエットの深い関係、入浴のタイミングがポイント

お風呂とダイエットの深い関係、入浴のタイミングがポイント

 
湯船にゆったり浸かる入浴は、ダイエットをする人にとってたくさんのメリットがあります。

入浴,ダイエット,お風呂,タイミング

 

 

でもタイミングを間違うと逆効果になってしまう場合があります。

 

 

このページでは、ダイエットと入浴の関係、痩せるためにベストな入浴のタイミングなどを紹介します。

 

 
スポンサーリンク



 

運動直後の入浴はやめましょう

 

痩せることを目的として、ウォーキングやジョギング、そのほかの運動を毎日の習慣にしている人は多いと思います。運動後汗をかいているからと、すぐにお風呂に入るのは止めましょう。運動後の入浴を避けたほうがいい理由は次の2つです。

1.脂肪燃焼効果が減少してしまう

ウォーキングやジョギングなどの運動が終わったあと、30分間はまだ脂肪燃焼が続いています。このタイミングでお風呂に入り体を温めると脂肪分解の働きが低下してしまい、せっかくの脂肪燃焼のチャンスを消してしまうことになります。

2.運動による疲労の回復が遅れてしまう

運動直後は、使われた筋肉に血液が多く集まっている状態です。集められた血液によって酸素の供給と、疲労物質である乳酸等の排出が行われます。

 

このタイミングで入浴すると皮膚へ送られる血液が多くなり、そのほか体全体に血液が送られることになります。そうすると、疲労した筋肉への血液の量がへってしまい、疲労の回復が遅れるというわけです。

 

お風呂がダイエットに効果的な理由と入るベストタイミング

 

運動直後30分以内を避けて、ベストなタイミングでお風呂に入るとダイエット効果が高まります。

しっかりと湯船につかると痩せる理由

入浴によって体が温まると、新陳代謝が活発になります。すると血液をきれいになり、消化・吸収活動も活発にします。

  • 湯船にゆっくり浸かることで、温熱による血管拡張作用で血行が促進されます。それによって内蔵や筋肉への酸素や栄養分の補給が増し杯からの老廃物の排泄作用も促されます。
  • 「静水圧」による引き締め効果があります。肩まで体を温水の中に沈めた場合、湯の水圧(静水圧)は500キロにもなり驚異が2~3センチも引き締まります。この静水圧は血管やリンパ管を圧迫して血行やリンパ液の循環を良くし、全身の代謝を活発にします。特に下半身に位置する腎臓の血流も良くなるので排尿量が増えて「水毒」の状態を改善し、むくみや冷えを取ってくれます。
  • 入浴の温熱効果により、血栓を溶かすために備わっているプラスミンという酵素が増え、脳梗塞や心筋梗塞に掛かりにくくなります。

寝る1時間前に入り深部体温を下げる

寝るだけダイエット,睡眠,痩せる,効果,寝具

深部体温とは、内臓の体温のことをいいます。人の身体は、深部体温が下がってくると眠くなるようにできています。

 

 

湯船に浸かることで、身体の表面は暖まり、血行が良くなります。すると、身体の表面から熱が放射されるようになります。その結果表面温度は暖かいまま、深部体温が下がっていきます。

 

そうすることで痩せるためのホルモン「成長ホルモン」の分泌が多くなります。痩せるホルモンを出すのに一番効果的な入浴方法は就寝の一時間前までに、約38度から40度という、いわゆるぬるめの風呂に最低でも10分間、ゆっくりと浸かる事です。

朝起きたらすぐに熱い、もしくは冷たいシャワーを浴びる

眠っている間はエネルギー消費が少ない状態にあります。熱いまたは冷たい水を浴びることによって心拍数や体温が上昇してエネルギーが消費されやすくなります。

 

朝一番に浴びることで代謝が上がっている時間が長くなり一日の総エネルギー消費量も増えるというわけです。

 

 

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: ダイエット関連情報  タグ:   投稿日時: 2014年7月23日 at 11:53 PM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク