Home » ダイエット方法集 » 食事方法でダイエット » 8時間ダイエットでゆるーく断食、週3回でも効果抜群!

8時間ダイエットでゆるーく断食、週3回でも効果抜群!

 

8時間ダイエットとは、カロリー制限ナシ!どんなものでも食べてOK!1日のうち食事をする時間を8時間以内に収めるだけ!といった超簡単なダイエット方法です。

8時間ダイエットはこんな人にオススメ

 
運動したいけど仕事が忙しくてムリ!
 
食事の時間が不規則で夜遅くに食べることがよくある
 
毎日の晩酌はやめられない!

 
 

スポンサーリンク



 
 

8時間ダイエットの痩せるメカニズムと効果

 
 
細かいルールは後ほど説明しますが、重要なポイントはただ1つです

 
 
「1日のうち食事の時間は8時間!あとの16時間は何も食べない」
 
 

1日3食の人も2食の人も5食の人も同じルールです。食事の回数は何回でもOK!8時間のうちで1日の食事を食べきるようにすれば体重は減っていきます。今までの食事の量や種類を変える必要は一切ないのです。

たとえばこんなシチュエーションでも大丈夫

8時間ダイエット,16時間,断食,簡単

夜、飲み会の予定がある場合23時ごろまで飲み食いし続けるとして、それから逆算して3時ごろに1食目を食べるようにする。

 

もしその飲み会が急なものであれば、その日の最後の食事が終わった時間から16時間後に次の日の1食目を食べるようにします。

 

また、ランチの約束が場合は、夕飯の時間を早めにするといった調整が簡単にできます。

 

なぜ8時間ダイエットで痩せることができるのか?

 

このダイエット方法は、多少無茶な食生活をしていても、食事をしない「16時間」を厳守すれば痩せることが出来ます。

 痩せるメカニズムその1、代謝を高める

食べたものをエネルギーに変換する作業(代謝)をしてくれる細胞を「ミトコンドリア」といいます。食べ物をエネルギーに変換するときにミトコンドリアはフリーラジカルと呼ばれる細胞にダメージを与える物質を同時に作り出します。

 

朝から晩まで食べ続ける食事習慣をつづけているとミトコンドリアは一日中フリーラジカルを出し続ける状態になってしまい、常にダメージを受け続けることから代謝が落ちてドンドン太るというわけです。

 

そこで8時間ダイエットをすると、16時間何も食べない時間ができて、ミトコンドリアに充分な休息が与えられ、数も増えて痩せやすい体へと変化するのです。

痩せるメカニズムその2、脂肪を燃焼させやすくする

肝臓に蓄えられている糖質「グリコーゲン」を使い切ることで、脂肪が消費されだします。

 

体がエネルギーを使う順番は決まっています。

 

【血液中の糖分】⇒【肝臓のグリコーゲン】⇒【体脂肪】

 

の順番です。

 

つまり脂肪を燃焼させるには、まず血液中の糖分と肝臓に蓄えられているグリコーゲンを使い切らなくてはいけません。今までのように1日中食べていては肝臓内のグリコーゲンを使い切る前にドンドン糖質が補給されるので、脂肪をエネルギーとして使うことが出来ません。

 

そこで、16時間の何も食べない時間を作ることで肝臓内のグリコーゲンを使い切ることができ、脂肪を燃焼させ痩せることができるのです。

痩せるメカニズムその3、自然に食べる量が減る

食べていい時間は8時間、その時間内であればカロリーも気にせず何でも好きなものを食べてもOK!

 

なのですが、1日3食の食事を8時間以内で食べようとすると、3時間おきに食事をするということになります。3時間でおなかがすくことはなかなかありませんので自然と食事の量が減ります。

 

だから好きなものをどれだけ食べても自然と体重が落ちていくのです。

 

8時間ダイエットのやり方、成功させるための5つのルール

 

 1.食事の時間は8時間以内、食べない時間は16時間

8時間の時間のとり方は自由です。8:00~16:00 、 12:00~20:00という風に自分の生活スタイルに合わせて行いましょう。予定にない食事会が入っても大丈夫、最後に食べた時間から16時間空けるようにすればOKです。

2.1週間に3回でも効果あり

週末を利用して3日連続でも、あるいは1日おきでも、もちろん毎日することがベストですが、継続できなければ意味がありません。無理なくできるペースを見つけましょう。

3.食べたいものを食べる、我慢はしない

8時間の間は、カロリーは気にせず食べたいものを好きな時間に食べてください。我慢しないから継続がしやすい、というのがこのダイエットの醍醐味です。

4.食べない16時間の間はしっかり水を飲む

食べない時間、断食の時間中は水分が不足がちになります。一日の総摂取量として1.5~2ℓ飲むようにしましょう。

 

もちろん清涼飲料水のような砂糖の入った飲み物は厳禁です。お茶やコーヒーでも大丈夫ですがこれらには利尿作用があって水分を排出する働きがあるので、できれば水がベストです。

5.合わせてやるとダイエット効果がアップする生活習慣

  • よく噛んでたべれば満腹感が長続きして食事の量も自然に減ります。
  • 野菜をたくさん食べる、食物繊維の多い野菜をとることで痩せる効果が上がります。
  • 睡眠をしっかりとる、23時から2時の間に眠りについていれば痩せるホルモンである成長ホルモンの分泌が活発になります。
  • 体重を毎日計って記録する。

 
 

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: 食事方法でダイエット  タグ:   投稿日時: 2014年7月18日 at 12:27 AM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク