Home » ダイエット方法集 » 食事方法でダイエット » 体を温めれば痩せる!半日断食の代謝アップ効果とは?

体を温めれば痩せる!半日断食の代謝アップ効果とは?

 

クーラー,体の冷え,断食,代謝アップ,疲労
日本人の体温(平熱)は平均36.89℃で、この体温の時最も良く活動するようにできていますが、最近は35℃代の低体温の人が増えているようです。

 

また、普段の体温が正常だという人でも、夏の間、クーラーがガンガンに効いている室内に長くいることで、低体温症と同じような症状になることがあります。

 

低体温の悪い面といえば「朝に弱い」ぐらいだと思っていましたが、とんでもありませんでした。ダイエットや健康の面でも大きな弊害があるのです。

 
 
スポンサーリンク



 

低体温が招く症状

体が冷えると、血管が硬直し、血行が悪くなります。

 

そうなると代謝が下がるため、頭痛やめまい、耳鳴りといった症状が出たり、精神的にも不安や憂鬱といった感情が強くなってきます。

 

免疫力も落ちるため、病気にかかりやすくなり極めて不健康です。

ダイエットという観点でみても代謝が落ちると、水分が体にたまり、むくみやすくなるとともに、便秘にもなりがちになり、あまり食べなくても太るようになります。

 

半日断食で代謝が上がるメカニズム

毎日三回の食事をお腹いっぱい食べたり、それに加えて間食などをしていたら、エネルギーは絶えず胃腸に集中する事になります。

 

そうすると他の内臓器官はエネルギーの供給不足になり、代謝が低下して、その結果体温の低下をもたらすことになります。

 

さらに食べ過ぎにより消化されない栄養分が血中に過剰になると、余った栄養分が脂肪として体に蓄えられ、肥満やそのほかの病気の原因にもなります。

 

つまり半日断食で代謝を上げるというのは、1日2食で胃腸に休息を与えることで内臓器官全体に元気を取り戻すということです。

 

その結果、体温が上がり代謝もアップしてダイエットに繋がるというわけです。

 

半日断食の詳しいやり方はコチラ

 

半日断食と合わせてやると効果倍増!体温&代謝アップの方法

1.体を温める食べ物を積極的に摂る

  • ショウガは体温を上げる食べ物の代表的存在です。毎日そのまま食べるのがおっくうな場合は生姜紅茶などを利用するといいでしょう。
  • 逆に体を冷やす食べ物としてスイカやキュウリなどが挙げられます。

2.ウォーキングなどの軽い運動

3.しっかりと湯船につかる入浴方法

入浴によって体が温まって血行がよくなり、新陳代謝が活発になるのです。このことは血液をきれいにし、消化・吸収活動も活発にします。健康によい適度な空腹力をつけることにもなります。

  • 湯船にゆっくり浸かることで、温熱による血管拡張作用で血行が促進されます。それによって内蔵や筋肉への酸素や栄養分の補給が増し杯からの老廃物の排泄作用も促されます。
  • 「静水圧」による引き締め効果があります。肩まで体を温水の中に沈めた場合、湯の水圧(静水圧)は500キロにもなり驚異が2~3センチも引き締まります。この静水圧は血管やリンパ管を圧迫して血行やリンパ液の循環を良くし、全身の代謝を活発にします。特に下半身に位置する腎臓の血流も良くなるので排尿量が増えて「水毒」の状態を改善し、むくみや冷えを取ってくれます。
  • 入浴の温熱効果により、血栓を溶かすために備わっているプラスミンという酵素が増え、脳梗塞や心筋梗塞に掛かりにくくなります。

 

 

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: 食事方法でダイエット  タグ:   投稿日時: 2014年7月11日 at 5:48 PM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク