Home » ダイエット方法集 » 運動でダイエット » 痩せる筋トレはスクワットが効果抜群!運動量は腹筋の30倍

痩せる筋トレはスクワットが効果抜群!運動量は腹筋の30倍

 

筋トレ,ダイエット,スクワット,痩せ,やり方「40歳を超えてお腹周りが気になり出してきたので、筋トレでお腹を凹ませよう!」と思いついて、痩せる運動に腹筋を選ぶ人は大勢いると思います。

 
 

もちろん腹筋運動は優れた筋力トレーニング方法で毎日継続すればしっかり筋肉がついて、代謝も上がり、ダイエット効果もあります。

 
 

でも効率よく筋肉を増やすことをを考えると腹筋よりスクワット運動の方がなんと30倍以上の筋トレ効果があるんです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

腹筋500回=スクワット15回

 

同じ筋肉量を増やすために、腹筋運動だと500回分の運動量がなんとスクワットなら15回でOKです!「腹筋500回=スクワット15回」なのです。

 

どうしてこれだけの差があるかというと、運動中に使われる筋肉の量のちがいです。

 

スクワットがダイエットに効く理由

 

スクワットで鍛えられる太ももの筋肉は、体の筋肉の中で一番大きい部位です。大きい分だけたくさんカロリーを消費しますので、太ももの筋肉を鍛えることが痩せるために一番効果があるんです。

 

また、スクワット運動は一見足だけを鍛えているように見えますが、実は下半身だけではなく上半身も鍛えられ、小さな筋肉から大きな筋肉まで、あらゆ部分を使うトレーニングです。

 

道具を準備する必要もなく、空いた時間でどこでもできるスクワット。腹筋運動や、有酸素運動のように長い時間を必要としないのも魅力的ですね。

 

効率よく筋肉をつけて基礎代謝を上げることができ、痩せやすい体を作ることで、お腹周りに脂肪が付きにくくなります。

正しいスクワットのやり方

 

スクワットは単純な運動ですが、正しく行わないと膝や腰を痛めてしまう危険性があります。正しいフォームで実践して効率よくトレーニングしましょう。

 

  1. 肩幅と同じぐらいに足を広げて立ちます
  2. ちょっと遠くにある椅子に座るようなイメージで屈伸をします
  3. 膝がつま先より前に出ないように気をつけます。お尻を後ろにつき出すように
  4. 背中はまっすぐ、しっかり状態を起こすようにします。

次の二つの動画でわかりやすくフォームを説明しています。



 
回数は5回から10回を3セット行いましょう、慣れてきたら1回に行う回数・セット数を増やしていきます。
 
どのダイエット方法でも同じですが成功の秘訣は継続することです。最低でも3週間は続けてみてください。スクワットで引き締まった体を手に入れましょう。

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: 運動でダイエット  タグ:   投稿日時: 2014年5月29日 at 12:00 AM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク