Home » ダイエット方法集 » ダイエット関連情報 » 誤解していませんか?濃縮還元果汁100%ジュースの本当の意味

誤解していませんか?濃縮還元果汁100%ジュースの本当の意味

 

私が最近まで誤解していた言葉の一つに「濃縮還元」があります。

濃縮還元,ジュース,野菜,果物,フルーツ

 

スーパーやコンビニで見かける紙パックやペットボトルに入った野菜ジュースや果物ジュースに表示されているのを良く見かける言葉ですが、どういう意味なんでしょうか。

 
 

私はこう思い込んでいました

 

 

「栄養がギュッと濃縮されていて、液体状だから普通に野菜を食べるよりも消化吸収が良く、体に栄養が取り込みやすい」

 

 

これらは、全くの誤解でした。

 

 

このページでは濃縮還元の意味を解説するとともに、野菜ジュースや果物ジュースが、加工されていない野菜や果物の代わりにはならないということ。ダイエットをして体重を落とすことを目的にしている人にとっては、害になる部分もあるという事をお伝えします。

 

 

スポンサーリンク



 

濃縮還元って何?

 

濃縮還元というのは、一度フルーツなどから搾り取った果汁をいろいろな方法で水分を飛ばした後、再び水分を加えることをいいます。

 

なぜこんなことをするかというと、現在、日本で販売されている果物ジュースの原料となる果物は、ほとんどが海外からの輸入によるものです。

 

その輸送費を抑えるために濃縮して果汁の量を減らしているのです。こうして運ばれてきた濃縮果汁に、水分を加えて還元するんですが、このとき還元されたジュースは本来のフルーツ特有の香りが損なわれてるため、水の他に香料や甘味料、添加物、防腐剤を加えてジュースにするんです。

 

また、還元の方法にはいろいろありますが、その過程で栄養素が破壊されている事も多く、後からビタミンを添加したりなど、もはや天然の栄養素など期待できない状態で販売される事になります。

 

果汁100%と明記できるワケ

たとえば100%の果汁の水分を蒸発させて1000%まで濃縮したものがあるとします。それを水で10倍に薄めれば100%になりますよね。
この方法で1000%果汁を水じゃなく甘味料や添加物が入った水分で薄めても果汁100%になるという理屈なのです。

 

一日に必要な野菜の量350gがこれ一本とれる?

これ一本で一日に必要な野菜350gが摂れますよと書かれた野菜ジュース。パックやペットボトルで販売されているものをよくスーパーやコンビニで見かけます。

一日分,野菜,ジュース,本当,ウソ

これらの商品、本当に野菜を350g食べたことと同じになるのでしょうか?

 

答えは「ならない」です。実際に350gの野菜を絞って作られているのでしょうけど、やはりこういった商品は加工の段階で酵素や食物繊維などが失われています。

 

ただし、自分で果物や野菜をミキサーなどにかけてフレッシュジュースを作る場合は問題ありません。
自分で選んだ野菜や果物を使って、時間を置かずにすぐ飲んでしまえば、野菜の酵素や栄養素は破壊されることはありません。

 

むしろ消化がスムーズになり普通に食べるよりも健康的だといえます。
 

こういった市販の野菜ジュースやフルーツジュースを飲むときには、過信せずにあくまでも補助として、清涼飲料水をのむ感覚で飲んだ方がよさそうです。

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: ダイエット関連情報  タグ:   投稿日時: 2014年4月15日 at 9:39 PM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク