Home » ダイエット方法集 » 食事方法でダイエット » あなたはどっちを食べていますか?低GIでダイエット、太りにくい食品の選び方とは!?

あなたはどっちを食べていますか?低GIでダイエット、太りにくい食品の選び方とは!?

 

低GI,ダイエット,ご飯,避ける,食品一見同じように見える食品でも、太る食品・痩せる食品に分かれます。

 

 

白米と玄米。同じ穀物類ですが、ダイエット中に選ぶとしたら断然玄米です。

 

 

同じ量・カロリーを食べたとしても白米と玄米では、白米の方が太りやすいのです。

 

 

この理由はGI値の違いにあります。

 
 

スポンサーリンク



 

あなたはどれを食べる?痩せる食品・太る食品、GI値を基準に食品を選ぼう

 

GI値とは、グリセミック指数の略称で、炭水化物が消化されて糖に変化するスピードを表す数値です。つまり血糖値の上がるスピードとも言えます。

血糖値の上昇の度合いをブドウ糖を100とした場合の相対値で表され、白米はGI値83、玄米ならGI値55といった感じに表されます。

血糖値と肥満の関係は?

人間が太る仕組みを簡単に説明すると、まず食べたものが体の中でブドウ糖になり血液内に放出されます。

 

そうすると血糖値が上昇します。血糖値が上がるとインスリンと呼ばれるホルモンが分泌されて、血液中の糖分をエネルギーとして消費します。

 

その際に、あまり体を動かさなかったり、必要以上に食べ過ぎてしまうと、エネルギー(糖分)は消費されずに余ってしまいます。そのあまった糖分を脂肪として体に蓄積されて、その結果太るというわけです。

これが太る仕組みです。インスリンはGI値の高い食品(血糖値が急上昇する食品)を食べることで大量に分泌されます。
逆に言うとGI値の低い食品(血糖値の上昇スピードがゆっくりな食品)を食べるようにすれば、太りにくくなるということです!

低GI値の食品を選んで痩せる!

野菜やたんぱく質(魚、肉、卵等)は比較的にGI値が低いのでここでは説明を省きます。とはいえ摂取カロリーには気をつけましょう。

 

特に気を付けるべきは、ごはんやパン、麺類などの炭水化物です。これらはGI値が高いものが多いのでよく考えて選びましょう。

避けるべき食品は、GI値70以上の高GI食品です。つづいて注意が必要な食品はGI値56~69の中GIと呼ばれる食品。そして太りにくい食費、積極的に選んでいきたい食品はGI値55以下の低GIの食品です。

 

同じような食品でも、中・高GI値の太りやすい食品と、低GIの太りにくい食べ物があるので表にまとめてみました。食事を選ぶ際に低GI値の食品を選ぶようにしてダイエットをしましょう。

葉野菜などは全く気にすることはありません。ダイエットのために、たくさん食べるようにしましょう。

[table “7” not found /]

[table “8” not found /]

[table “9” not found /]

以上、GI値を基に選んだ太る食品、痩せる食品でした。もちろんですが、低GI値の食品でも食べ過ぎれば太ります。

どんな食事でも腹八分目を心がけ食べるのが大事なポイントです。スリムな体をめざして楽しくダイエット頑張りましょう。

 

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: 食事方法でダイエット  タグ:   投稿日時: 2014年3月28日 at 12:02 AM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク