Home » ダイエット方法集 » レコーディングダイエット、食べ物を記録、カロリーコントロールで痩せる(その1)

レコーディングダイエット、食べ物を記録、カロリーコントロールで痩せる(その1)

 

10kg以上痩せる必要があるという人にお勧めしたいダイエット方法がこのレコーディングダイエットです。

 

このダイエットのやり方で他にはないユニークなポイントは

 

 

レコーディングダイエット,カロリーコントロール,痩せる,効果,やり方

「キツイ運動はしないでください」  

 

「好きなものを食べてください」  

 

「食べたものをメモするだけで体重が減っていきます」

 

 

というところです。

 

レコーディングとは記録するという意味で、レコーディングダイエットとは食事を記録してカロリーコントロールで体重を落とす方法です。

 
スポンサーリンク



 
 

私はこの方法でマイナス42kgの減量に成功しました

 

そのときの感想コチラ→レコーディングダイエットを実践してみての感想とその効果

 

このレコーディングダイエットという方法は「いつまでもデブと思うなよ」という本のなかで紹介されています。

 

著者である岡田斗司夫さん自身が食べたものを記録するだけでダイエットができることに気づき、そのことをきっかけに、いろいろ試行錯誤しながら117kgから67kgになるまでのプロセスを書いた本です。

 

『レコーディングダイエット』のやり方は、段階別に「助走→離陸→上昇→巡航→再加速→軌道到達」と、飛行機の発進プロセスになぞらえて、分かりやすく説明されています。

 

1.助走期 「現実」を知る、なぜ私は太っているのか?

 

実施する期間は2週間~2ヶ月。   早くカロリー制限をして、痩せたいという気持ちはわかりますが、何事も基礎が大事です。 この助走期をしっかりやり切ることが、後のダイエットの成果にも大きく結びついてきます。

1.体重を毎日計るレコーディングダイエット,カロリーコントロール,痩せる,効果,やり方

毎日同じ時間に計り、グラフにつける。一番いいのは朝おきてトイレを済ませたあと。その時間が一日のうちで一番体が軽い時間です。

2.食べたものをメモする

口に入れたものを全部、時間、分量とともに手帳などに書き込む、「缶コーヒー1本」「アイス1個」なども全部書く。 メモをとることによって、今まで無意識のうちに行っていた行動が浮き彫りになってきます。

 

【メモの取り方の例】

 

07:30 ご飯、卵焼き、コーヒー

10:00 缶コーヒー、チョコレート

12:00 トンカツ定食

15:00 せんべい、コーラ

18:00 ご飯、野菜炒め、味噌汁

 

3.我慢しない

ここでは、まだ食事の量を減らしたりする必要はありません。いつもどおりの食事をして、現状を知ることが目的です。

 

ここまでの段階でも体重は落ちていきます。これは書く事によって、自分の現状を知ることで、無意識の中で「太る行動を避ける」ようになるためです。

 

2.離陸期 カロリー計算なんて怖くない

 

実施する期間は1~2週間。

1.食べたもののカロリーを計算するレコーディングダイエット,カロリーコントロール,痩せる,効果,やり方

今の時代どんなものにもカロリーの表示があります。 表記されてない食材はインターネットで「○○のカロリー」と検索すれば大抵のカロリーはわかります。

 

この段階ではまだ、カロリーを減らす必要はありません。自分がどれだけカロリーを摂っているか、自分の大好物は何カロリーなのかを把握するのを目標にします。

 

【メモの取り方の例】

07:30 トースト(バター付き)2枚 500kcal、卵焼き200kcal、コーヒー40kcal

10:00 缶コーヒー40kcal、チョコレート1枚418kcal

12:00 牛丼 800kcal

15:00 せんべい2枚80kcal、コーラ 160kcal

18:00 ご飯200g 340kcal、野菜炒め210kcal、味噌汁60kcal

トータル:2,848kcal

 

2.体重と一緒に体脂肪を毎日計る

何をどう食べると、体重や体脂肪にどのように影響するかということが分かるようになってくる。

3.どうやれば総カロリーを減らせるか想像してみる。でもガマンはしない

例えば1.のメモの取り方の例の中で言うと、バターを塗ったトーストが500kcal、チョコレート1枚が418kcal、といったように少量にもかかわらず、高カロリーなのがわかります。

 

こういった食事やおやつを別のものに変えることができないだろうか?と考えてみる。

 

上記の食事で考えるとすると

  • 食パンにバターをつけなければ150kcalもカロリーを減らすことができます。
  • おやつのチョコレート(418kcal)をフルーツに変えてみる。 バナナ一本(100kcal)、大きなりんご一個(200kcal)
  • コーラをノンカロリーのものに変える。 160kcal→0kcal。

このように少し考えるだけでカロリーを減らすことが可能です。 ゲーム感覚で楽しんでやりましょう、低カロリーで美味しい物を発見したときはとても嬉しいものです。

 

 

さて、次はいよいよ上昇期、カロリーコントロールでドンドン体重が落ちていきます。

 

レコーディングダイエット、食べ物を記録、カロリーコントロールで痩せる(その2)へつづく

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: ダイエット方法集, 食事方法でダイエット  タグ:   投稿日時: 2013年1月17日 at 12:27 AM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク