Home » ダイエット方法集 » 半日断食を実践してみての効果と感想

半日断食を実践してみての効果と感想

 

半日断食ダイエットをやってみての感想は  

 

 

「やってよかった!これ最高!」  

 

「これが生涯最後のダイエットになるだろう」

 

ということです。

 

ダイエットというより、一生続けていきたい食事方法という考え方になりました。

 
 
スポンサーリンク



 
 

半日断食を始めようと思ったきっかけはネットサーフィンをしていてふと目に入った「小食の快感が身につく半断食」という言葉でした。

きっかけは胃もたれの改善

「小食の快感?何を言っているんだ」と思ったのですが、そのころよく胃もたれを起こしていて「満腹の不快感」を味わっていたのでチョット気になりその記事を読んでみました。

 

その記事によると、「30日で小食の快感を身に着ければ後は自動的に痩せるようになる」と書かれていました。その記事が本になっています。人生をシンプルに変えよう! (王様文庫)

半日断食をやると決めた一番の理由は

「何キロ痩せよう」という目標を立てずに、今後一生この食事習慣をつづけることで体重は標準を保ち続け、リバウンドをすることはないだろうと思ったからです。

半日断食のやり方

  1. 朝食は食べない、夕食後18時間は固形物を食べない。
  2. 午前中は水分のみ
  3. 間食、夜食はたべない
  4. 昼食、夕食は腹八分目にする

詳しいやり方はコチラ⇒半日断食ダイエットのやり方、成功のために守るべき4つの基本ルール

 

【はじめの一週間】 この方法イケるかも!?

半日断食,朝食,青汁,野菜酵素,やり方

 

朝食:青汁

夕食:いつも通り

昼食:いつもの食事をきもち腹八分目におさえる

 

朝食をすぐ抜くのではなく最初のうちは市販の野菜ジュースを一本飲んでいました。

 

しばらく野菜ジュースを続けたんですが、市販の野菜ジュースは糖質が多く含まれているということに気づき、少しでもダイエット効果を高めるために青汁に変えました。

 

朝食をジュースや青汁で摂るようにし始めてからの一週間は、昼食までに強い空腹に襲われることがたまにありました。午前中は食べ物のことが何度も頭をよぎりました。

 

午前中頭が働かなくなるという感じは全くしませんでした。 一週間を過ぎたころには強い空腹感はぜんぜんなくなり、なんか鈍い空腹感って感じでした、午前中は相変わらず口さびしい感じはありました。

 

【一ヶ月経過】 少食の快感を実感しだした!ダイエット効果が現れた

 

午前中に空腹感を感じることが少なくなり始めました。 そこで、少しレベルアップして昼食を野菜ジュースと豆乳のみに変更することにしました。

 

半日断食,ダイエット,胃もたれ,解消,効果

朝食:青汁

昼食:野菜ジュース、豆乳(200kcal程度)

夕食:いつもの通り

 

このころ一番実感して嬉しかったことは、胃もたれを起こすことが一切なくなったこと、それまではよく食べ過ぎなどで胃腸薬のお世話になっていたのですが、まったく使わなくなりました。

 

そして一週間に1kgのペースで体重が落ち始めるダイエット効果が現れました。

 

【3ヶ月経過】 体のサイズに大きな変化が!

 

この頃の体重はダイエットを始めてからマイナス10kg、午前中に空腹を感じることはほとんどなくなりました。
 
このころからズボンがゆるゆるになってきたり、周りの人から「痩せたねー」などと言われ始めました。

 

朝食:青汁

昼食:野菜ジュース、豆乳(200kcal程度)

夕食:いつもの通り(腹八分目を意識して)

 

【5ヶ月経過】 体調に変化があらわれた?

 

ダイエットを始めてからマイナス15kg(100kg→85kg)、午前中に空腹を感じることは完全になくなり体調もすこぶる良くなりました、便秘症だったのですがそれも改善されました。断食,便秘解消,ダイエット,効果,やり方

 

仕事で体を動かす作業が続くようになったので昼食を普通食にもどしました。

 

朝食:青汁

昼食:いつもの通り(腹八分目を意識して)

夕食:いつもの通り(腹八分目を意識して)

 

標準体重65kgまではまだまだ遠いですが、必ず到達できるでしょう。

 

半日断食に慣れるまで30日程度です。それ以降は自動的にドンドン体重が減っていきます。

 

もちろんたまには食べ過ぎてしまうこともありますが、そのときはまた満腹の不快感が襲ってきます。 そのたびに「もう二度と食べ過ぎないぞ!」と気が引き締まります。

 

そして「小食の快感」を取り戻すためにいつもの食生活に戻り、リバウンドを自然に抑制することができるようになりました。これからも続けていきます。

 

朝食の代わりに飲む青汁について

 

青汁は実際に野菜をミキサーにかけて手作りするのが効果的ですが。あまり手間を掛けたくない、または朝時間がとれないという方は市販の青汁でも大丈夫です。

◎朝食の代わりに青汁を飲むことのメリット

◆半日断食の目的のひとつは胃腸に十分な休息を与えることですので、固形物ではなく、液状の青汁で栄養をとることでその目的が達成できます。

 

◆青汁を飲む事で、活動するために必要な栄養を摂取出来るので、朝食を食べなくても昼まで持ちます。

 

◆朝起きたときに、ただ水を飲むよりも、青汁にかえることで様々なダイエット効果が期待できます。

  • 食物繊維が豊富に摂れる事で便秘解消効果が得られ、半日断食の宿便を排出する効果をさらに高めてくれます。
  • 空腹感は身体に必要な栄養が足りていないために起こります。青汁で不足がちなビタミン・ミネラルを摂ることで空腹感を軽減し、食べ過ぎを防止する効果もあります。
  • オリゴ糖と乳酸菌が腸内環境を整えることで、ビタミンやミネラル、その他の身体に必要な栄養が腸内からきちんと身体に吸収されるようになります。この効果によって、半日断食の少しの食事の量でも栄養不足が起こらないようにサポートしてくれます。
  • 現代の日本人はカルシウムはが不足がちになっています。カルシウムをしっかり摂る事で脂肪の吸収が抑えられる効果が得られます。その他にもカルシウムは「便秘解消効果」「代謝アップ効果」といった痩せるために嬉しい作用が得られます。

上記のように「活動に必要な栄養の摂取 」や「様々なダイエット効果」を得るためにはどんな青汁でも良いわけではありません。

 

しっかりとした効果を得るためには原料や内容物、安全性にこだわっている商品を選ぶべきです。

 

青汁選びのポイントは、「安全性」「機能性」「飲みやすさ」「一杯当たりの値段」「定期購入割引があるか」です。これらの条件から厳選したオススメの青汁は下記の商品です。

 

◎安全で栄養豊富で飲みやすい、オススメの青汁

 
 
無農薬・無化学肥料栽培で食物繊維やビタミン・ミネラルが豊富に含まれている青汁
 
 

  1. 自然大麦麦が芽を使用していて食物繊維が豊富。カリウム、マグネシウム、ビタミンも豊富に含まれている。
  2. 無農薬有機栽培で育てられているため、安心安全。
  3. オリゴ糖と乳酸菌が含まれており、腸内環境を整える。
  4. カルシウムの中で最も身体に吸収されやすい「L型醗酵乳酸カルシウム」入り。
  5. 胃を元気にする、薬用効果も高いアロエエキス入り。
この青汁だったら甘くて誰でも飲めるのでオススメです。

 
 

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: ダイエット方法集, 食事方法でダイエット  タグ:   投稿日時: 2012年12月5日 at 3:33 AM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク