Home » ダイエット方法集 » 踏み台昇降で40代から始まる体の衰えを防ぐ、メタボ改善効果も抜群!

踏み台昇降で40代から始まる体の衰えを防ぐ、メタボ改善効果も抜群!

 
踏み台昇降,効果,40代,ダイエット,スローステップ踏み台昇降(スローステップ)は、その名の通り、ゆっくりと段差を昇り降りする運動です。

 

 

こんな簡単な運動なのに、脂肪を燃焼させて痩せる有酸素運動効果が高く、筋力アップ、寝たきり予防にも効果があります。

 

 

さらには脳の活性化にも効果があるのです。そんなメリットたっぷりの踏み台昇降(スローステップ)の効果を最大限に活かすための秘訣を紹介します。

 
 

スポンサーリンク



 

 

こんな経験ありませんか?40代から始まる体力の衰え注意報

 

1.階段を上るのがつらい(腰と太ももの筋肉の衰え)

足を上げるのに必要な太ももや腰の筋肉が衰え始めている証拠です!足をしっかり上げるための筋肉を鍛えるためには普段の生活やウォーキング等では不十分です。

2.ちょっとした段差でつまづく(すねの筋肉衰え)膝痛,ダイエット,踏み台昇降,スローステップ,筋肉

足を上げずにすり足気味に歩いている証拠です。足先を上げるためのすねの筋肉が衰えると思わぬところで転倒する恐れがあります。

3.長めに歩くとヒザが痛くなる(ももの筋肉の衰え)

 

ヒザの関節は太ももなどの周りの筋肉に支えられています。ももの筋力が衰えるとひざの負担が増えて、ヒザ痛の原因になります。

4.立ち上がるときに手をつく(全身の筋力の衰え)

座った状態から立ち上がるためには、全身の筋力のバランスが重要です。何かに手をつかないと立つのが辛いという人は、自力でバランスを保てなくなっているということです。

上記のような症状を「年だからしょうがない」などと侮っていると体の衰えの悪循環に陥ってしまう危険性があります

確かに体力は加齢によって衰えていきます。筋肉が衰えると、関節や骨を支える力が低下して、ヒザや腰を痛める原因になります。そんな状態を放っておくと運動不足になり、ますます体力が衰えるという悪循環に陥ってしまいます。

 

そうならないようにするための対策のひとつが踏み台昇降(スローステップ)です

 

踏み台昇降運動は足腰の筋肉を鍛えられ、メタボリックの改善効果も大きい

 

高齢者や全く運動の習慣がない人が、いきなり強度の高い運動をすると、怪我をしたり心臓や血管への負担が大きくかかります。

40代,代謝,ダイエット方法効果的,食事方法

 

その点、踏み台昇降はゆっくりとした動きで疲れにくく、初心者ににも無理がありません。

 

また、カロリーを効率的に消費する有酸素運動であると同時に、足腰の筋トレ効果が高いので、高齢者の転倒予防によい運動として、広く活用されています。

 

踏み台昇降運動(スローステップ)の4大効果

 

1.体重が落ちるダイエット効果

スローステップ運動の消費カロリーは意外に高く、1分間に80回のペースでウォーキングの1.4倍、1分間に100回のペースだと1.6倍のカロリーが消費されます。

 

40代、体重80kgの男性が60分踏み台昇降をした場合の消費カロリーは400キロカロリーです。

2.様々な病気の元、メタボリックシンドロームの改善

有酸素運動,メタボ解消,心筋梗塞,高血圧

高血圧や高血糖などのメタボリックシンドロームを改善するには内臓脂肪を減らすことが最も重要です。

 

踏み台昇降運動はウォーキングやジョギングなどと同じ有酸素運動ですので、内臓脂肪を燃焼させる効果がとても高いです。

 

ダイエットで内臓脂肪を減らすために一番大事なことは継続することです。

ムリのないペース(ニコニコ笑顔でおしゃべりしながらでも出来るペース)で行えば身体を疲労させる物質である「乳酸」も出ずに、翌日に疲れを残しにくいので、毎日続けることがラクにできます。

3.脳を活性化して認知症予防やうつ病の改善にも

ステップ運動をすることで脳の代謝と循環が活発になり認知症予防に効果的です。

 

40代ではまだ認知症の心配はないと思いますが、ストレスなどによる不安や抑うつ感の解消にも役立つことが分かっています。不安や抑うつ感の原因の一つに脳内のセロトニンという物質が不足することが挙げられます。

 

有酸素運動はこのセロトニンを増やします。有酸素運動の中でも特に良いとされているのがリズム運動である踏み台昇降(スローステップ)です。同じテンポで体を動かすことでセロトニンが増加し不安感や抑うつ間を解消します。

4.筋トレ効果で基礎代謝を上げる

踏み台昇降は足腰の筋力をアップする効果が高いのも特徴のひとつです。大腿四頭筋と呼ばれる、足と腰をつなぎ足を上げるときに使う筋肉を増加させる効果があります。

 

何もしなくても消費されるエネルギー「基礎代謝」のうち約40パーセントが筋肉によって消費されています。踏み台昇降で足腰の筋力を鍛えて増やす事で、この基礎代謝のエネルギー消費効果を高めることが出来ます。

 

高齢者でも負担なくできて、足腰の筋肉を鍛えられる踏み台昇降運動は、転倒を予防したり、寝たきりの予防にもなる運動方法です。

 

踏み台昇降運動の効果的なやり方

 

  1. 台の高さは20cm程度を目安にする。
  2. 足を動かすテンポは一分間に80回。
  3. 一回10分を1日、2~3回行う。
  4. 踏み出す足は交互に。
  5. 台の上では両足が伸びきるようにする。
  6. ニコニコ笑顔でおしゃべりしながらでも出来るペースで行うこと。

 

61aHBXg9EFL._AA1500_

あまり体力のない方は、台の高さを10~15cmの程度にするか、テンポを1分間に昇降10回程度のゆっくりペースにしてから始めてみましょう。

 

 踏み台昇降運動(スローステップ)の効果を高めるためのステップ台の選び方

 

ステップ台の高さは20cmが基本です。通常、階段の段差もほぼ20cmですので、ステップ台がなくても階段や20cmの高さの段差があればステップ運動はできます。

 

ただ、10分以上継続してやる場合、20cmという高さは最初のうちは結構キツいです。

 

続ければ徐々に筋力がアップするので、最初のうちは10センチから始めて徐々に台の高さを上げるようにするとスムーズに続けられます。 そのためには台の高さを調節できる専用のステップ台が便利です。

 

今売れている人気のステップ台・昇降台(2014年6月現在)

 

スローステップ,踏み台昇降,台,ダイエット,やり方

 

 

コナミスポーツ&ライフ(KONAMI Sports&Life) ステップウェル2 STP78

1.運動の速さを5段階から選択

付属の音楽CDにテンポの異なる5曲を収録。個人の体力レベルに合わせた運動が可能。

2.ステップ台の高さを5段階で調節

50mmと25mmの高さ調節ブロックを組み合わせて5段階(100/125/150/175/200mm)に設定できる。

3.いつでもどこでも手軽に活用

軽量なプラスチック製で分解/組立も簡単。様々なスペースで手軽に運動でき、持ち運びや収納性にも優れている。

 

スローステップ,踏み台昇降,台,ダイエット,やり方 ALINCO(アルインコ) ステップボード 踏み台運動 踏み台昇降 EXG037

1.ステップ高は付属ブロックで3段階に

ステップ台の高さの組み合わせで体力に合わせた ステップ運動が可能。(高さ3段階調整可能:10/15/20cm)

2.テンポ音入りトレーニングCDが付属

ステップ運動に最適のテンポ入りトレーニングCDが付属。 リズムにあわせるだけで自分の体力にあった運動が行えます。

3.保護マット付

 

スローステップ,踏み台昇降,ステップ台,ダイエット,効果

  1.高さ10cm15cmの二段階調整

  2.高さ調節台は背面に収納可能

EGS(イージーエス) エアロビクスステップ ダイエットステップ 踏み台昇降運動 手軽にスローステップ運動

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: ダイエット方法集, 運動でダイエット  タグ:   投稿日時: 2013年5月14日 at 1:46 PM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク