Home » ダイエット方法集 » 運動でダイエット » ジョギングと自転車を組み合わせてダイエット効果アップ

ジョギングと自転車を組み合わせてダイエット効果アップ

 

ジョギング,ダイエット,痩せ,効果,有酸素運動

私は現在、ジョギングを毎日の日課として続けているのですが、ときどき調子に乗ってしまい、無理して長距離を走ったり、速く走ったりして膝や足首などを痛めてしまうことがあります。

 

そうすると1〜2日ぐらい休まざるを得ません。ひどい時だと1週間以上も痛みが引かない時もあります。

 

怪我などの故障がなくても、毎日ジョギングだけを続けていると、疲労がたまったり、飽きてしまって、運動するのが億劫に感じることがあります。

 

そこで、私は自転車での運動をを取り入れることにしました。

 

 
スポンサーリンク



 

 

一週間のプログラムはこんな感じです。

自転車,ダイエット,痩せ,効果,有酸素運動

 

  • 月曜日:ジョギング
  • 火曜日:ジョギング
  • 水曜日:休み
  • 木曜日:ジョギング
  • 金曜日:サイクリング
  • 土曜日:サイクリング
  • 日曜日:休み

 

これは、走ることで負担をかけた足首や膝の回復を待つ休みの間に、足腰に負担がかかりにくい自転車運動を取り入れることでドンドン脂肪を燃焼させてしまおうというプログラムです。

 

ジョギングや自転車でのサイクリングは、体脂肪を燃やしてダイエットするには最適な有酸素運動で、それぞれが違った利点を持っています。

 

ジョギングは全身を使う運動で、時間あたりの消費カロリーも大変高い

 

有酸素運動で脂肪燃焼効果が高いだけではなく、体全体が鍛えられてシェイプアップ効果もあります。デメリットとしては、全く運動していない人や肥満度の高い人がいきなり始めると、ケガや故障を引き起こす危険性があるということです。

自転車のメリットは

自転車での運動はジョギングほどの消費カロリーは得られないものの、体重のほとんどがサドル(腰掛けるところ)に掛かるので、足腰への負担が少ないという利点があります。

 

怪我や疲労が少ないので継続することが容易にできます。   さらに自転車ダイエットにはこんなメリットがあります。

1.長時間の有酸素運動が容易にできて脂肪燃焼効果が高い

身体への負担が少ないので、長時間の運動がそれほど苦もなくできます。

脂肪が燃焼し始めるのは運動開始から20分を過ぎた頃からと言われていますので長時間運動し続けることは脂肪燃焼効果を高めることになります。

2.専門的な技術は必要ない自転車,サイクリング,消費カロリー,ダイエット,ジョギング

乗ることがさえ出来ればフォームなどはさほど気にせず誰にでも簡単に始められます。

3.スピード感が爽快

スピードが出ることで爽快感があって楽しめるので長続きしやすく、また、遠くまで移動できることから、色んな場所にいけることも長続き出来るポイントです。

4.交通費が節約できる

いつもの通勤・通学・買い物などの交通手段を自転車に変えることが出来れば、交通費が浮いて一石二鳥です。

 
 
以上のように、どちらの運動方法もダイエットをするためのメリットがそれぞれあります。両方組み合わせることで、怪我の危険性が少なくなり、そのうえ楽しく長く続けられるので痩せるための大きな効果が得られます。
 
走ることが長続きしないという方は、この方法にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

 

   ダイエットを成功させるために「めんどくさい」に打ち勝ってやる気を燃やし続ける方法
 

     ◎やる気まんまんでダイエットを始めたのになぜやる気がなくなるのか?

 

     ◎目標達成まで続ける事ができないのか?

 

     ◎どうすればやる気を出し続けることができるのか?

 

                                 ⇒答えはコチラ

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: 運動でダイエット  タグ:   投稿日時: 2013年5月3日 at 3:28 PM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク