Home » ダイエット方法集 » 食事方法でダイエット

体に良い,食べ物,選び方,ダイエット,食品

 

私たちの体は食べたものから出来ています。良質な食品をとれば、良い体ができ、粗悪な食品を食べ続ければ、不具合だらけの体が出来上がってしまいます。

 

良い体とは、言い換えれば代謝のよい体、痩せやすい体とも言えます。悪い体はその逆で太りやすく、痩せにくい体ということです。

 

痩せるためにはダイエット食品と呼ばれるものばかりを食べないといけないということはなく、普段の食事内容に意識を向けるだけでも体重や体脂肪は減らすことができます。

 

そこで、このページでは体に良い食べ物を簡単に見分ける方法をお伝えします。毎日の食事でよいものを選ぶようにして、ダイエットに役立ててください。

 
 
スポンサーリンク



 

 

食品は原材料名を見て選びましょう

 

食品選びで一番大切なのは「何で作られているか?」です。買い物をするとき、あなたは何を見て食品を選びますか?

 

「値段」や「パッケージ」「美味しそう」という理由もあるかと思いますが、今日からは「原材料名」もみるようにしてみてはいかがでしょうか?

 

どんな食品にもついている成分表の表示を見る習慣をつけていきましょう。

 

何気なくいつも買っている食品をよく見てみると、どんなものかわからない物質が記載されていることにも気づけます。

 

特に「酸化防止剤」「安定剤」「防腐剤」が入っているものは体に良くありません。

 

簡単にいうと、

 

「聞いたことのないカタカナの表記がされていたらその商品は買わない!」

 

という選択でも大体OKです!

 

体に悪いものでも成分表に記載しているものはまだ良心的といえますが、まったく表記のないものもあります。そういった食品は最初からナシの方向でいきましょう。

 

 

原材料名を見ることで、体に悪いものが体内に入るのを防ぐことができます。体に良いものを食べる!と意識することも大切ですが

 

「体に悪いものを入れない!という意識を持つことのでも、良い食べ物を体に摂りこむことができます。

 

 

運動もカロリー制限もいらない、空腹とも無縁のダイエット方法があります。しかも即効性があって確実に痩せることが出来ます。

 

それは、フルーツデトックスダイエットという方法です。この方法は私自身が実際に体験して成果を出すことが出来たので自身をもってお勧めします。このダイエット方法で必要なのはフルーツのみ!

fruits--grapes_19-136659

 

私、このダイエットサイトを運営している身ですが、実はこの1年で大きくリバウンドをしてしまいまして…何とか元の体重に戻りたいと思い今までやったダイエット法に再度チャレンジしてみるのですが

 

仕事が忙しく運動を継続する時間も取れない状況でして、また、カロリー制限ダイエットも一度は実践していてその時はマイナス40kgの減量に成功したので。いざ再開してみようとするのですが、なかなか継続が難しい。

 

そんな中、この本に出会い、実践してみようという運びになりました。

 

一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?~仕事力を常に120%引き出すカラダ習慣~

 

この方法を実践して一か月で6kgの減量に成功しました。そのグラフはコチラ

クリックで拡大(94.2kg→87.9kg)マイナス6.3kg
フルーツ,デトックス,ダイエット,結果,体重グラフ

 

このページでは、フルーツデトックスダイエットで痩せる理由とそのやり方、私が実践してみて感じたことを紹介します。

 
 

スポンサーリンク



 

なぜフルーツで痩せるのか?

 

1.フルーツには糖質や脂肪を分解・燃焼する酵素が豊富

フルーツの酵素には代謝を高めて脂肪燃焼を活発にしてくれるダイエット効果があります。

 

とくに40歳を超えた年齢の方は加齢によって代謝が低下しているので、その低下した代謝を正常に戻してくれるフルーツがダイエットに効果を発揮します。

2.フルーツには抗酸化作用の高いポリフェノールが多く含まれ、細胞の活性化と代謝を促してくれる

加齢とともに代謝は落ちてくるので、老化を遅らせることがダイエットにも大いに関係してきます。いわゆるアンチエイジングとして、抗酸化作用の高いポリフェノールがダイエットにも結び付くのです。

3.フルーツには食欲を抑えてくれるアミノ酸が含まれている。

フルーツに含まれるヒスチジンやトリプトファンと呼ばれるアミノ酸には満腹感をもたらす作用があり、食欲の暴走を抑えてくれる効果があります。

4.フルーツには食物繊維が豊富

食物繊維には多くのダイエット効果があります。糖や脂肪の球種をブロックする効果、満腹感を得て食欲を抑える効果、便通を良くする効果。

 

フルーツデトックスダイエットの実践方法は?

 

デトックスは短期集中で期間を決めてやることで、すぐに効果がでてきます。

デトックス中のフルーツの正しい食べ方

  • 常温で食べる・・・冷蔵庫でキンキンに冷えた状態のものを食べると内臓を冷やしてしまい血行が悪くなり様々な弊害が出ます。冷蔵庫から出して1時間は置いてから食べるようにしてください。
  • ほかの食品と一緒に食べない・・・食後のデザートのような食べ方もいけません。フルーツを食べる時はフルーツのみ!ということを徹底してください。
  • 種類は何でもいいのでとにかく新鮮なもの旬なものを食べる。
  • 1食あたりの量は大皿2杯分、お腹いっぱい食べましょう。
  • 絞ってジュースにしてもOK
  • オススメのフルーツは水分の多いもの・・・スイカやオレンジ類、リンゴ等

スイカ,フルーツ,デトックス,ダイエット,オススメ

フルーツデトックスの期間は2か月

基本は朝食をフルーツのみにするということ、これは目標体重になってダイエットが終わってもリバウンド防止のために一生続けてもらいたいポイントです。

 

最初の2か月間は連続で集中して実践しましょう。この期間だけでもかなりの減量が期待できます。

 

2か月を過ぎたあたりからは、ゆっくりと体重が落ちていくようなスケジュールになっています。

フルーツデトックスのスケジュール

スタートして2か月はフルーツデーとノーマルデーを設けて交互に繰り返してもらいます

 

フルーツデーの食事方法・・・1日3食フルーツのみ、一回で食べる量は大皿2杯分、さいしょの内はすぐにお腹いっぱいになると思いますが慣れてくればぺろりと食べられるようになります。

 

ノーマルデーの食事方法・・・朝食はフルーツのみ(食べる量は大皿2杯)、昼食夕食は普通の食事でOK、ただし必ずサラダを一品用意して、食事の最初に食べるようにしてください。

 

  1. 最初の30日フルーツデー、ノーマルデーを3日ずつ繰り返します。
  2. 次の31日~60日は、一週間のうち1日フルーツデー、あとの6日をノーマルデーに当てます。
  3. 60日以降は朝食のみフルーツで後はノーマル食(サラダを一品先に食べることは継続してください)
  4. 飲み会のある日は当日の朝昼フルーツにして、翌日をフルーツデーにしてください。飲み会の翌朝、胃もたれがあるような状態ならば、朝食は抜いて水のみにします。

 

フルーツデトックスダイエットを実践してみた感想

 

私はもともとフルーツ全般があまり好きではありませんでした。スタートして2日目のフルーツデーで心が折れそうになりました。

 

もともとチョコレートとかケーキなどの甘いものが大好きなんですが、フルーツの中途半端な甘みが苦手でずっと敬遠してきたのです。

 

この方法は失敗したかな?

 

とも思ったのですが最初の3日ぐらいは続けてみようと思い、翌日もフルーツデーにしてみたところ、フルーツの甘みがお菓子を食べているような甘みに感じられたのです。

 

これは、体に必要な栄養は、自然と体が受け入れるようになっているという、いわゆる本能的な反応だと感じました。そのご上記のスケジュール通り3日フルーツデー、3日ノーマルデーを繰り返しました。

 

一か月経過した今でもフルーツに飽きるということはなく、おいしくダイエット続けられています。

 

私は酒が大好きで、週に2回は飲み会があります。飲みすぎた翌日はラーメンなどのジャンクフードが食べたくなります。そして私も実際食べました。

 

そうすると、リバウンドするのは当然ですが、その後の1週間も中々体重が落ちないという状況になります。

 

そこで上記にある酒飲み時のリカバリー方法をしっかり実践してみたところ、飲酒の翌日は当然体重がかなり増えるのですが、1~2日ぐらいで元の体重に戻り、それ以降はまた減り始めるといった、現象がはっきりと表れるようになりました。

 

このフルーツデトックスダイエットはお酒が好きな人でも、飲み会を楽しみながら実践できる方法といえます。

 

そして一番うれしいのが即効性があるということ、フルーツデー3日を終えると私の場合必ず2kgは減ります。ダイエットのつらいところは成果がなかなか出ないところだと思いますが、こういった面からも優れたダイエット方法だと思います。

 

ただ痩せるだけではなく健康的にダイエットできるこの方法、試してみませんか?

 

 

カロリー計算,食事制限

痩せるために食事のカロリーを計算して食べたり、炭水化物をカットしたりと、食事を制限するダイエット方法は沢山あります。

 
 
これらの方法はもちろんしっかりとした効果がありますが、続けるのが大変な面もあります。
 
 

食品のカロリーを調べたり、食べる量を計ったりするのは、性格的に合わない人もいらっしゃいます。ラーメンやパン、ご飯などの炭水化物を抜くなんてとんでもない!と思われる方もいるでしょう。

 
 
そんな方にオススメするダイエット方法は

 
 
スポンサーリンク



 
 

毎日の食事を腹八分目に抑えて食べるということです

 

「そんな簡単なことで痩せるはずはない」と思う方もいらっしゃるでしょうが、考えてみてください。

満腹,食べ過ぎ,腹八分目,ダイエット,やり方

 
太っているあなたはきっと、一日のうちに何回かはお腹いっぱい食べているはずです。中には知らず知らずのうちに3食食べ過ぎているかもしれません。毎日の習慣ですから、自分では気づかないこともあります。

 

腹八分目とは食事を終えた直後に「もう少し食べたいな」と感じるくらいです

 

「ちょっと苦しいな」とか、「体をうごかすのがはちょっとキツイな」と感じるまで食べるのは明らかに食べ過ぎです。

 

「もう少し食べたいな」で食事をやめても、しばらく時間が経てばちょうどいい満腹感になります。この満腹になる時間というのがこのページのタイトルにもある『20分』という時間です。

 

脳が満腹感を感じるのは食べ始めてから20分後

 

このダイエットのやり方は簡単です。

よく噛む,咀嚼,ダイエット,痩せる,効果

  1. ちょっと足りないかなと感じるくらいの食事の量を準備して、
  2. 最低20分かけて食べるようにします。
  3. 20分かけるためには噛みごたえのある食品、食物繊維が豊富な野菜がベストです
  4. 一口30回以上、食べたものの形が完全になくなるまで噛みましょう。

よく噛んで食べることで脳の満腹中枢が刺激され満腹感が高まり食欲を抑えてくれます。さらに、よく噛むことで交感神経を刺激して直接内臓脂肪の分解を促進させる効果もあります

 

この方法を毎日、毎食実践するようにすれば、確実に痩せることができます!また、この方法はすべてのダイエット方法と併用できるので、早く体重を落としたいという方にもオススメの方法です。

 

投稿者: naok1x  カテゴリ: 食事方法でダイエット  タグ:   投稿日時: 2015年2月4日 at 11:45 PM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク