Home » ダイエット食品

ダイエット中の食事で一番大切なことは、空腹時に食べるものに気を付けるということです!なぜなら人間の体は空腹時に食べるものを一番吸収しやすいからです。

 

ですから、食事時間外でお腹が空いた時などに、間食として甘いお菓子やジャンクフードなどを食べると、肥満の原因である糖質や脂質がドンドン吸収されることになり、同じカロリーを摂取する場合でも空腹時と満腹時で大きな違いが出てきます。

 

甘いものや脂っこいものの他にもおにぎりなどの炭水化物も間食としてはできれば避けたい食品です。

 
 

そこでお勧めなのがドライいちじくです!

 
 

食物繊維が豊富なのでお腹にたまりやすく、少量でも満腹感が得られます!

 

また、砂糖を使っていないのにもかかわらず、ドライ加工されていることで甘みがしっかりあり、甘いものを食べたいという欲求も満たされて、お菓子やジャンクフードの抑制にもつながります。

 

さらに保存料を使用しなくても日持ちするという特徴があるので、カバンなどに入れて携帯したり、デスクの中に置いておくことができ、ちょっと小腹がすいたなと感じたときに手軽に食べることが出来ます。

 

そのほかにもドライいちじくにはダイエットに役立つ効果がたくさんあるんですよ。

 

 ドライいちじくのダイエット効果

 

食べ過ぎ防止効果で痩せる

いちじくは食物繊維が豊富なことが特徴のひとつです。食物繊維は水を吸収し、お腹の中で膨らみ満腹感を増す効果があります。

また、しっかりとした噛みごたえがあることでも満足感が得られ、食べすぎを防止してくれます。

デトックス効果で痩せる

いちじくに含まれる水溶性食物繊維は血液中の糖質や資質を吸収して体の外に排出するという作用があるのでダイエットに効果的です。

 

さらに、カルシウム・カリウム・鉄分などのミネラル分が豊富に含まれています。ダイエット中で食事制限をしているとミネラル不足になりがちなので、健康的に痩せるためにも必要な栄養素です。

 

カリウムは余分な塩分を体外に排出する作用があるので、むくみ防止や高血圧にも効果的です。

便秘解消効果で痩せる

ドライいちじく,食物繊維,便秘解消,ダイエット,間食
いちじくに含まれる食物繊維は保水性に優れていて、便をやわらかくして便の量を増やすことで腸内を刺激し便通を良くしてくれます。
 
便通が良くなれば体の新陳代謝が上がり、消費カロリーが増え、痩せやすい体になります。

 
 

ダイエットに最適なドライいちじくの食べ方と選び方

 

食べ方のポイント

間食やおやつとして食べるのが一番オススメです。チョット小腹が空いたなと感じたときに1~2個食べてみてください。よく噛んで食べることで満腹感がさらに増します。

 

食事と置き換えて食べるのであれば、生のフルーツを食べるほうが栄養面、ダイエット面からも良いでしょう。

選び方のポイント

  1. 砂糖未使用・・・ダイエットに砂糖は厳禁です!ドライフルーツ全般に言えることですが乾燥で甘味が凝縮されているので砂糖未使用でも十分な甘さが得られます。
  2. 無添加・・・保存料や着色料、漂白剤が使われていないものを選びましょう。

 
 
最後にもう一度おさらいしておきますが、空腹時に食べたものが一番体に吸収されます。このことを、よくよく考えて食事には気をつけましょう!

 

ダイエットしてやせたいけど甘いものがが止められないという人にオススメしたい甘味料があります。

 

それはオリゴ糖です。

 

オリゴ糖は砂糖のように調味料として使うことができます。普段飲んでいるコーヒーや砂糖の代わりに入れても風味は変わることがありません。

 

カロリーは白砂糖の約半分で、さらに体への吸収がゆっくりなので砂糖より血糖値が上がりにくいという性質があります。

 

血糖値が上がりにくいということは、体に脂肪が付きにくく、さらにお腹がすきにくくなるということです。

 

白砂糖の入ったお菓子などを食べると血糖値は急上昇します。急上昇した血糖値は急下降します。その時に体は強い空腹感を感じます。

 

砂糖をオリゴ糖に変えた場合、この血糖値の急上昇が抑えられ、お腹がすきにくくなります。その結果食べ過ぎを抑えられてダイエットにも役立つというワケです。

 

カロリー半分ですが甘味も半分ですので使用には注意が必要です。しかし、オリゴ糖の特徴として体内に吸収されにくいという点があるため、あまりカロリーが体内に吸収されることなく体外に排出されるのです。

 

太りにくいだけじゃないオリゴ糖のダイエット&健康効果とは?

 

⒈便秘解消効果で痩せる

便秘解消はダイエットをする人にとって、もっとも優先して取り組むべき問題です。便秘になって腸内に長い間便がとどまると、新陳代謝が悪くなり、身体に余分な脂肪が溜まりやすくなります。

 

オリゴ糖は腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やすためのエサになり、腸の働きを活発にします。

 

これによって便秘が解消されます。便秘は余分な栄養を溜め込み、脂肪を作りやすい体質になるのでダイエットにとって大敵です。

 

⒉カルシウムやミネラルの吸収を助る効果で痩せる

オリゴ糖は、腸内でカルシウムの吸収をよくする効果や、骨へのカルシウムの沈着を高まる効果があります。

 

一般的に、食事から摂取したカルシウムは30~50%ほどしか吸収されませんがオリゴ糖を一緒に摂るとカルシウムの吸収率が高くなることがわかっています。

 

カルシウムには脂肪の吸収を抑えたり、体温を上昇させて代謝をあげたりと、ダイエットにとってとても効果のある成分です。

 

⒊高血圧を抑えるメタボ解消効果

ビフィズス菌はコレステロールの吸収を抑える作用がありますそれに伴い血圧を下げる作用もあります。

 

オススメのオリゴ糖はコチラ

 

日本一選ばれているウワサのオリゴ糖

東尾理子バナー

 

 

 
ダイエットで痩せるための原理原則は「摂取カロリーが消費カロリーを上回ると太る」ということです。食べたものの中でエネルギーとして消費されなかった分の余ったカロリーが、体に脂肪として蓄えられるからです。

 

つまり痩せるためには何をしたらいいかというと、摂取カロリー(食べるもの)を減らすか、消費カロリー(運動や代謝)を上げるか、という2択になるわけです。

 

もちろん同時に2つのことをしたほうが効率良く痩せられるのですが、ダイエットは毎日続けなければならないことなので、あまり多くのことをしてしまうと長続きできません。
 
そこでこのページでは、消費カロリーを上げるという観点から、生姜を使って代謝を上げる方法を紹介します。
 
 

スポンサーリンク



 

生姜(ショウガ)で痩せるメカニズムは?

 

人間の体は30代をさかいに様々な生理機能(代謝機能、内臓機能、神経機能など)が衰え始めます。このことによって体温も年齢とともに下がっていいきます。

 

下がり始めの30代のころは特になんの不具合もありませんが、40代を超えたあたらいから様々な症状が現れてきます。太りやすく痩せにくくなるといった現象もこの生理機能の衰えからくるものです。

 

体温が下がると代謝が落ちる

加齢とともに体温が下がると新陳代謝が悪くなり、新陳代謝による消費エネルギー(生きていくために最低限必要なエネルギー)や、労働や運動で使われるエネルギーが少なくなるので、カロリーを体内に蓄えやすくなり、さらに蓄えられた脂肪も燃焼しにくくなります。

 

こうなると、少ししか食べなくても太ったり、また、運動しても痩せにくい体になります。

 

体温が1℃上がると基礎代謝は約12%アップする

体を温めて体温を上げれば、新陳代謝が高まりダイエットにも繋がると言えます。体温が1℃上がれば基礎代謝は12〜13%上がることが分かっています。

 

つまり体温が高い状態でいることで同じカロリーを摂取しても痩せやすい体になるということになります。

 

体温を上げる食べ物ナンバーワンは生姜!

体を温めるための食べ物のナンバーワンは生姜です。

 

生姜の入った味噌汁などを飲んだ時に体がすぐにポカポカした経験はないですか。生姜ダイエットはこのポカポカ効果で代謝を上げて消費エネルギーを増やすというものです。

 

 

生姜ダイエットのやり方

 

生姜ダイエットのやり方は、そのままの生姜を使っても効果はありますが、生姜の体を温める機能を高め効率良くダイエットに活かすためには「生姜紅茶」が効果抜群です。

 

生姜紅茶がなぜいいのか?

しょうが紅茶とは熱い紅茶にすりおろしたショウガを入れ黒砂糖で甘味をつけたものです。

 

緑茶よりも紅茶のほうが体を温める効果があります。さらに紅茶には強力な抗酸化作用があり、疲労や老化の原因である活性酸素の除去にも役立ちます。また、黒糖にも体を温める作用があります。

 

生姜紅茶の作り方

生姜,紅茶,代謝,上げる,ダイエット

  1. 材料・・・生姜10g(親指大程度)、紅茶(カップ一杯)、黒糖(適量、お好みに合わせて)
  2. 生姜を皮付きのままよく洗います
  3. 紅茶をティーカップ一杯分用意します
  4. 紅茶におろした生姜汁をを加えて、黒糖を入れます

生姜紅茶の飲み方

紅茶,しょうが,代謝,アップ,効果

  • あったかいうちに飲み干しましょう
  • 1日に飲む量は3〜6杯、朝食前と入浴前には必ず飲みましょう。
  • お腹が熱くなりすぎるという方は最初は少量からはじめましょう

 

 

生姜紅茶で体を温め代謝を上げて、体に脂肪がつきにくく太りにくい体にしましょう。

生姜紅茶を作るのがめんどくさいという方にはこちらの生姜飲料をオススメします
特許製法でぽかぽか成分412倍の黒生姜飲料「発酵ブラックジンジャー」



投稿者: naok1x  カテゴリ: ダイエットにおすすめの食品  タグ:   投稿日時: 2014年12月14日 at 10:57 PM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク