Home » ダイエット食品 » トクホ(特定保健用食品)でダイエット

 

コーヒー,ダイエット,クロロゲン酸,脂肪燃焼,効果

コーヒーに含まれるクロロゲン酸というポリフェノールの一種には、脂肪燃焼を促進させたり、糖尿病や動脈硬化などの予防にも効果があります。

 

このページではコーヒーに含まれるクロロゲン酸をダイエットに活かすための方法を紹介します。

 

コーヒークロロゲン酸で痩せるメカニズム

 

脂肪燃焼効果で痩せる

脂肪を含んだ食品を食べると、小腸で分解され血管に入り、体内の各組織へ送られます。そしてミトコンドリアと呼ばれる脂肪燃焼機関によってエネルギーに変換されます。

 

コーヒークロロゲン酸はこの「ミトコンドリア」の活動を活発にしてくれる作用があります。

 

この作用のおかげで体内に取り込まれた脂肪を効率よく燃焼させてエネルギーにすることができることから、体脂肪が減り、痩せることが出来るというわけです。

 

さらにこのコーヒークロロゲン酸は、たまった脂肪にも働きかけてエネルギーとして使ってくれます。

血糖値を下げる効果で痩せる

クロロゲン酸には、血糖値の上昇を抑制する作用もあります。この作用によって食べた糖質が体につきにくくなります。

 

 

 コーヒークロロゲン酸をとるタイミングは?

 

 

飲むタイミングは食事の前、運動をする習慣のある人は運動前に飲むことで脂肪燃焼効果が高まります。

 

運動前に飲む

コーヒークロロゲン酸は脂肪を分解して血液中に脂肪酸を放出します。
ジョギング,ダイエット,継続するコツ,長く続ける,方法

でも、せっかく脂肪が血液中に出てきても、そこで運動をしなければ、脂肪は燃焼することなく、また体内に溜め込まれてしまいます。

 

逆に、運動をすれば、血液中の脂肪をドンドン燃やすことができるというワケです。

 

運動の30分前くらいに摂取して、脂肪が燃焼されやすい有酸素運動を行うとより効果的です。

 

食前に飲む

クロロゲン酸は、糖分の吸収を遅くする作用も持ちます。食前に飲んでおけばそのあと入ってくる食事に働きかけて、糖分が脂肪として体につくのを防止してくれます。

 

 

 コーヒークロロゲン酸を効率よく摂取するには

 

飲み物で摂る

コーヒークロロゲン酸は普通のコーヒーを飲むことでももちろん摂ることができますが

 

ダイエットのために効率よく摂るためにはコーヒークロロゲン酸の含有量を増やした飲料を飲むのが良いでしょう。

 

最近ではトクホ製品として、クロロゲン酸を高濃度にしてプラスするなどしたコーヒー飲料が販売されています。
 
 
人気のコーヒークロロゲン酸飲料

サプリメントで摂る

普段コーヒーを飲む習慣がない人やコーヒーが苦手という人は、サプリメントで摂るといいでしょう。

 

オススメのコーヒークロロゲン酸サプリメントはコチラ
 
 
コレスリム

 
 

高濃度のコーヒークロロゲン酸が含まれているのはもちろんのこと、

 

身についた脂肪や血糖値に働きかける「L-カルニチン」、 糖質の吸収を抑える「ギムネマエキス」

 

健康成分DHA・EPAと同じオメガ3脂肪酸であるαリノレン酸が豊富な「亜麻仁油」 食欲を抑える「かつお煎じパウダー」

 

更に100種類の果物などの植物から熟成発酵された「植物酵素エキス」 63種類の野草から熟成醗酵された「野草醗酵エキス」 など話題の酵素エキスだけでも2種類も配合されています。
 


 

体脂肪が気になるあなたへオススメする。脂肪の吸収を抑えてくれるトクホ食品を紹介します。  

 

トクホとは特定保健用食品のことで、おなかの調子を整えるなどの役立つ特定の保健の効果が科学的に証明されていて、国に科学的根拠を示して、有効性や安全性の審査を受けて合格した食品です。  

 

しっかりとした効果の証明されている食品をとって、確実な減量を目指しましょう。

 
 

スポンサーリンク



 
 

茶カテキンで脂肪を燃やす!

◎茶カテキンは、脂肪燃焼を助ける

食べ物に含まれる「脂質は」、胃や十二指腸を経て小腸に入ります。そこで脂質は吸収されやすいように分解され、血管に入り、体内の各組織へ送られます。体内で脂質代謝に深く関わるのが筋肉と肝臓。そこで脂質を燃やす働きをするのが「β酸化関連酵素」です。

茶カテキンはその「β酸化関連酵素」を活性化させる効果があるのです。

◎高濃度茶カテキンは、「入ってくる脂肪」にも「溜まった脂肪」にも効く!

β酸化関連酵素を活性化させる茶カテキン。高濃度茶カテキンを継続して飲むことで、脂肪を分解・燃焼しやすくしています。  

 

その効果は「食事などで入ってくる脂肪」、そして「体に溜まっている脂肪」の両方に効きます。

 

食事をとりながら飲んだり、水分補給のために飲んだりするような日々の生活の中で、自然に脂肪がエネルギーとして使われやすくなります。  

 

中鎖脂肪酸で美味しく食べてダイエット

 

ダイエット中は揚げ物などの油を使った食品は高カロリーで手を出しにくいですよね。 「でも、ダイエット中でも油を使った美味しいものがたべたいよう」という方にオススメなのがこの「中鎖脂肪酸」を含んだ食用油です。  

 

「中鎖脂肪酸」は食べた後、エネルギーになりやすいので、体に脂肪が付きにくいのです。  食用油は毎日の生活で使うものですから、いつもの油をこの中鎖脂肪酸を含む油に変えるだけで自然にダイエットできます。

日清オイリオ ヘルシーリセッタ 600g

 

コーラなのにダイエット!?美味しく飲んでダイエットサポート

 

ダイエット中でもシュワっとした炭酸飲料のみたいですよねぇ。ってことで出ました「ペプシスペシャル」 

◎食物繊維が脂肪の吸収を抑えてくれる

難消化性デキストリンという食物繊維の働きにより、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させ、食後の血中中性脂肪の上昇を穏やかにするので、脂肪の多い食事をよく食べる人、血中中性脂肪が気になる人の食生活の改善に役立ちます。

 

⇒ 今売れている人気のトクホコーラはコチラ

 

以上のように、いつも飲んでいる飲み物や食用油をトクホ食品に変えるだけでダイエットになります。そのうえ健康にもいいものなので続けやすいですね。

 

 

 
食物繊維,ダイエット,便秘,胃腸,トクホおなかの調子、特に胃腸の調子を整えることはダイエットする人にとってとても重要なことです。このページでは食物繊維を積極的に摂ることで得られる、ダイエット効果や健康増進効果を紹介します。

 

胃腸が健康でフル活動してくれれば代謝がよくなり脂肪燃焼効果があがったり、筋肉への栄養もスムーズに運ばれるようになることで筋肉量アップにも役に立ちます。

 

 

しっかりとした効果の証明されている食品をとって、確実な減量を目指しましょう。

 
 
スポンサーリンク



 

おなかの調子を整えることで得られるダイエットサポート効果 

 

◎食物繊維でダイエット、便秘解消や生活習慣病予防にも効果大

食物繊維は、消化しにくくエネルギーになりにくい食品中の成分です。なのでダイエット中の食事にはもってこいの栄養素です。 食物繊維には水に溶ける水溶性と水に溶けない不溶性の2種類があります。

1.便秘解消の効果がある食物繊維

不溶性食物繊維は、水分や老廃物を吸着して膨らみ、便の量を増やし、腸を刺激して排便を促します。

 

ダイエットにとって便秘は大敵です。便秘になって腸の活動が弱くなると、体の代謝が悪くなり脂肪も燃焼しにくくなってしまいます。

食物繊維,ダイエット,便秘,宿便

また、ダイエットのためにサプリメントを摂っているいる場合、便秘がひどいとサプリメントからの必要な栄養素がきちんと吸収されずに効果が薄れてしまうことになります。

不溶性食物繊維を多く含む食品ベスト10

( )内は100gあたりの食物繊維の含有量

    1. ゆでいんげん豆(13.3g)
    2. 食物繊維,ダイエット,効果,インゲン豆,便秘解消ゆであずき(11.8g)
    3. ゆでひよこ豆(11.6g)
    4. おから(11.5g)
    5. シソの実(8.9g)
    6. くり(8.5g)
    7. エンドウ豆(7.7g)
    8. しそ(7.3g)
    9. ゆで大豆(7.0g)
    10. 納豆(6.7g)

2.糖質や塩分、脂肪などを体に吸収されにくくする食物繊維

  • 水溶性食物繊維は、小腸で糖質や脂質を包み込んで、吸収を適度にブロックする働きがあります。糖質や脂質はカロリーの高い栄養素ですので、いつもの食事に取り入れれば摂取カロリーが抑えられダイエット効果が高まります。この機能性が注目されてトクホの食品にもおおく使われています。
  • 食物繊維は腸内細菌のエサになって腸内環境を整えます。
  • 糖の吸収をゆるやかにして血糖値の上昇を抑えて糖尿病予防になります。
  • コレステロールの増加を押さえて体外に排出されやすくします。
  • 塩分(ナトリウム)を排出に導き血圧を下げる。といったメタボリック症候群予防にも役立ちます。

水溶性食物繊維を多く含む食品ベスト10

  ( )内は100gあたりの食物繊維の含有量

    1. きな粉(16.9g)

      食物繊維,ダイエット,大豆,痩せ,水溶性食物繊維

    2. オオムギ(9.6g)
    3. プルーン(7.2g)
    4. 大豆(7.0g)
    5. ごぼう(6.1g)
    6. モロヘイヤ(5.9g)
    7. オクラ(5.2g)
    8. 椎茸(3.5g)
    9. さつまいも(3.5g)
    10. なめこ(2.7g)

 

現代の日本の食生活では食物繊維の摂取量が不足していると言われています。厚生労働省の食事摂取基準では食物繊維の一日の目標摂取量を性別・年代別に下記のとおり発表しています。

 

単位数はg(グラム)

男性 女性
目安 目標 目安 目標
18~19歳 27 20 21 17
30~49歳 26 20 20 17
50~69歳 24 20 19 18
70歳以 19 17 15 15

 

上記の数字は普通の食事をしていてはなかなか取れません。意識して摂るようにしましょう。

 

食物繊維を多く含んだ食べ物を毎日とれれば、何の問題もありませんが、それが難しいという方はトクホ食品やサプリメントを活用することをおすすめします。

 

食物繊維が豊富に含まれているトクホの青汁

 

日頃から野菜不足を感じている方、料理をする習慣がない方、もっと手軽に食物繊維を摂りたい方にオススメなのがこの青汁です。

◎オススメのポイント

  1. 消費者庁が効果を認めたトクホ(特定保健用食品)だから安心して使えます。
  2. 食物繊維の量が一杯当たり2.3グラムと、他の青汁と比べてみても格段に多く含まれています。
  3. 九州の契約農家が農薬不使用で栽培したケールを使用しているため安全性も確かです。

 

 

食物繊維がしっかり摂れる特保の青汁

 

 

緑がおいしい青汁

投稿者: naok1x  カテゴリ: ダイエット食品, トクホ(特定保健用食品)でダイエット  タグ:   投稿日時: 2013年1月31日 at 3:14 PM
  • スポンサーリンク

     

     

  • ダイエットの基礎知識

  • 食事方法でダイエット

  • 運動でダイエット

  • やる気を出す!モチベーションアップの方法

  • メタボリックシンドロームを予防・改善

  • 食べ過ぎ防止・食欲を抑える方法

  • 避けるべき食品

  • ダイエット食品

  • トクホ(特定保健用食品)でダイエット

  • ダイエット関連情報

  • 呼吸法でダイエット

  • 相互リンク